2011年10月9日日曜日

10/2 跳ね橋・御前浜偵察

跳ね橋(御前浜橋)全貌
たもとには釣り人の姿が見えます。

今日は子供たちをつれて、昼間に跳ね橋周辺を散歩しました。

ここは、釣り新聞や雑誌にも登場する一級ポイント?らしいです。

橋の東側、ゴロタ地帯では、お昼間でもベイト(正体不明)の回遊があったのか、水面がざわざわ。



ここでつりをしたことはありませんが、夜になれば、きっといいポイントなのでしょう。

また、はじめて、橋の向こう(南)側へ渡ってみましたが、こちらもなかなかよさげな場所です。

橋の西側は初めて見ましたが、船着場など意外とごちゃごちゃしていました。
フカセでチヌ?ハネ?狙いの人がたくさんいました。あまりルアーで攻めて見たいとは思いませんでしたが、水深もありそうでフカセやズボなら面白そうです。また、潮の流れは絶えずありそうに見えました。シーバスも、当然ここはお通りになりそうです。

跳ね橋東側。ゴロタが見られ、それなりに水深がありそうで、なかなか面白そうです。
ブッコミ釣りなどもできそうです。この日は、ハゼ狙い?なのか、延べ竿の方が数名いらっしゃいました。

また、跳ね橋を渡る途中、偏光グラスで水中を見てみましたが、橋脚周りは明らかに大きなチヌがついているようです。各柱2-3匹程度、目視で確認できました。釣るのはむつかしそうですが・・・

いつもの釣り場方面。最近人が多すぎ・・・

適度にゴロタがあって、魚っ気むんむん。


0 件のコメント:

コメントを投稿