2011年10月16日日曜日

10/15 西宮釣行記 (執念の一匹)


最近は出張に家族サービスにと、時間がほとんどありませんでしたが、それでもまたまたいつもの場所に来てしまいます。来週も出張なので、今日を逃せばもう来週までつりをするチャンスはありません。


土砂降りの中、先週巻き変えたRapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号に、いつものima/komomo SF-95 Slim(レッドヘッド)をつけて、河口から順に沖に向かって打っていきます。




しかし、開始10分、いきなりキャスト後に違和感。よく見ると、先週巻き換えたばかりのRAPINOVAがお団子になっているではないですか。お団子を丁寧に解いて、最後の玉をほどけば終わり・・・と、引っ張ると、プチン!きれてしまいました。


komomoさんは流れに乗って、下流方向に流れています。えらいこっちゃと、手にぐるぐる巻きつけてルアー回収。あわててラインシステムを組みなおします。土砂降りで、しかも細糸。時間がかかってしまいましたが、出来上がってようやく1投目、いきなり足元でガッ!と大当たり、と同時に、痛恨のラインブレイク!(あまりにパワーがありすぎなので、おそらく巨ボラのスレでしょう・・)


てっきり、0.6号のRAPINOVAが切れたと思ってましたが、切れたのはリーダーとサルカン(私は糸よれが嫌いなので、ごく小サルカンを使います)との結束部でした。これで、数々のシーバス・キビレを釣り上げてきたkomomoさんも、殉職です。ガクッ。



雨の中でも、スズキさんの捕食音が聞こえ(るような気がし)ます。代打でチャートバックパールのKomomoさんに登板いただき、必死に投げます。明らかにシーバス!というアタリもありますが、この日はなかなかガッチリフッキングさせられず、すべて掛けバラシかエラ洗いでフックアウト・・・何が悪いのでしょうか?



結局、22時から26時過ぎごろまでの下げのゴールデンタイムは一匹も結果を出すことができず、Komomoをがっつりくわえてあがってきたボラ1匹のみ。



結局、明るくなるまで粘りに粘って、夜が明ける前にようやく1匹、Komomoでマチヌを一匹釣って納竿。


チヌ(キビレ)1匹+巨大ボラの釣果は、先週とまったく同じではないか・・・最近、シーバスがつれません。


本日唯一の釣果、マチヌ、35cmくらいでしょうか。
サイズはいまいちですが、ひきは40位のキビレよりよっぽど強かったです。?


本日初実釣のRapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム
出撃時間約15分で、選手交代となってしまいました。

こんな時間からはじめたのに・・・

またまた、朝までやってしまいました・・・・
今日は、さすがに土砂降りだったので、他に釣行者はいませんでした。
足跡はすべて私のものです。
いつも必死にルアーを投げてるところが、こんなに浅いとは・・・
明るい時間に目いっぱい下げの地形を確認しておくと、いろいろ参考になります。
まあ、南側が根がかりよくあるのは、この岩のせいやね・・・
朝6時ごろになって、上げ潮が入ってきました。
これからまた潮が動きそうですが、もう帰らねば・・・
本日出撃いただいたルアーたち。
クロダイのヒットルアーは、ima/komomoSF-95Slimチャートバックパールです。


【本日の釣果】
チヌ×1、ボラ×1、バラシ×2

【本日のタックル】

ロッド:ディアルーナ S809LST
リール:ツインパワーC3000S
ライン:Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号、ファイヤーラインEXT16lbs


リーダー:銀鱗4号 一ヒロ
ルアー:ノースクラフト/エアーオグルima/komomo SF-95 Slimima/CALM 110ima/trip 66
タックルハウス/TunedK-TEN リップレスミノー90mmTKLM-90、ima/モルモ80、ima/コモモII、DUO/タイドミノースリムSSR





0 件のコメント:

コメントを投稿