2011年12月12日月曜日

12/10 西宮釣行記(つづき)

昨日の釣行はひどかった。寒すぎて、かつものすごい暴風でした。

ルアーを投げてもどこに着水してるかわからない状態で、ちょっとテンプラ気味に(上空に)投げたら、風のせいでラインがどんどん出て行って、150m目いっぱい巻いていたはずのラピノバXがすべて出て行っちゃう位で、とてもつりをしている感じではなかったです。

おまけに、どこへ飛んでいったかわからないルアーを回収するときは、風のせいでロッドがしなりはじめるしまつ。これではアタリもわかったもんではありません。

19時半くらいから粘って、22時までの間、風が収まって釣りやすかったのはわずか15分程度。



その後は、背負っていたゴールデンミーン キャプチャーネットⅡが風で飛んでいってしまうくらいの突風で(この品は最近流行のマグネットリリーサーをグリップに内蔵していますが、そのマグネットがはずれちゃうくらいの風)、もう無理だと思って、南芦屋浜東側水道へ場所移動しました。

この網が突風を受けて浮かんでました。
しまいにはマグネットリリーサーがはずれちゃって、
おまけに風で飛んできた落ち葉を何枚か勝手にキャッチ。
かんべんしてくれ・・・

到着してすぐ、釣り人がいらしたのでご挨拶。南芦屋浜でタチウオを狙ってらしたが、私と同じく風が強かったので移動されてきたとのこと。

久しぶりの場所で、予想通り風裏になっていますがが、丁度ど干潮で、まったくつれそうな気がしません。

おまけに、今年はほぼ100%近く、砂浜でのウェーディングしかやってなかったため、ライフジャケットにも車にも、「もぐる」ルアーを持ってきていませんでした。

バリッド55やシリテンバイブなど、とりあえず沈みそうなルアーを投げてみますが、魚の反応もなく、やはりコリャだめだと思い、1時間で納竿。

近所のフィッシングマックスをうろついて、前からほしかったXEFOのランヤードを買って帰りました。

【本日のタックル】

ロッド:シマノ/ディアルーナ S809LST
リール:シマノ/ツインパワーC3000S
ライン:シマノ/Rapinova-X 0.6号

0 件のコメント:

コメントを投稿