2012年1月5日木曜日

やはり竿がほしい

というわけで、先日の記事では、リールがほしくてたまらないと言っていましたが、冷静に考えると、やはり今の私に必要なのは新しいロッドであると悟り、ディアルーナS900L中古品を購入。

普段よく使っているディアルーナS809LSTと、いまいち違いがわかりにくいチョイスになりましたが、個人的には、あまり張りがありすぎず、適度にしなってくれるダルさも持ちつつ、12-14センチクラスのミノーをフルキャストできて、河川のダウンでもインフォメーションをロスしないよう若干ティップがS809LSTより固め、かつ片手で操作可能な軽さの竿を探していました。


やはり昔やっていた磯釣りの影響か、竿はしなってくれるほうが安心できます。



本当はイメージする竿として、エクスセンスのTuned AR-C S902MLか、同エクスセンスのS900ML/RS Flex Performanceがほしかったのですが、大人の事情で、比較的カタログスペックがちかくて値段のやすいディアルーナのS900Lにしました。


年末の釣行で、猪名川でS809LSTを使って、「もうちょっとここをこうしたい」と感じた点を、きっと満たしてくれるであろうと期待しています。



次はいつ行けるかわかりませんが、早速、今年の猪名川釣行で使って、またインプレ記事でも書いてみようと思います。

これは、S809LST。

0 件のコメント:

コメントを投稿