2012年3月10日土曜日

3/4、3/10 連続猪名川釣行記

3/4(日)


翌日仕事なのにもかかわらず、寝る前に1匹だけ!と、いつもの猪名川ポイントにいってしまいました。

結果は、ボテボテボディーのメナダ(ボラの亜種)が1匹 + ボラ数匹・・・ズコッ。

しかも、どぶ漬けを仕上げたばかりのヨレヨレ(初出撃カラー)が殉職。

4日はこんなかんじ。

4日のタックル。ちょいとしたトラブルで、ExsenceLBSSの代打に久しぶりのツインパワー




3/9(金)~3/10(土)


でも、こんなことではめげません。

3/9(金)の深夜から、3/10(土)早朝まで、また行ってしまいました。

もはや、ビョーキの域に達しています。

この日のタックル。新たにRAPINOVA-Xの0.8号を巻いたエクスセンスLBSSで出撃。

私と車の趣味が似通っている先行者さんを発見。ご挨拶してから、だいぶ離れた上流側(といっても、いつもの立ち位置なのですが)に入ります。


しかし、今日は雨のせいでごみだらけ、かつ濁りすぎ。なのに、水面は鏡面仕上げ。これは最悪の状態です。


数時間粘って、ようやく流れが出てきましたが、ヨレヨレでようやく届くくらいの沖に。


しかし、そこは自称シーバサー。強弱の流れの境目で、ショートバイトに対して、スゥイープなフッキングを決めます。


ぐぐぐっ、子気味良い引き、明らかにボラではありません。ふふふ、最近調子がいいぜ。


軽くあしらって足元まで寄せてきて、抜きあげ中に・・・・またもや、川にぼちゃん。やってもうた!


しかし、そこで一瞬目にした銀白の魚の姿は・・・明らかに体高ありすぎ!ヘラブナではないか!


ずっこけて、川にはまりそうになりました。


結局、2回続けてのボーズ。やはりシーバス激戦区のこの川はそう甘くはありませんでした。

【タックルデータ】

ロッド:Exsence S902ML/AR-C TunedAR-C
リール:ツインパワーC3000、Exsence LB SS C3000HGM
ライン:Rapala Rapinova-X 0.8号

【釣果】

なし(ボラ、メナダ)




0 件のコメント:

コメントを投稿