2012年4月15日日曜日

4/14 御前浜・跳ね橋付近の偵察

14日、釣りから帰って数時間後には、またいつもの釣り場に来てしまいました。

目的は子供たちと砂遊びなのですが、何気にカメラバックにロッドとリールを装着して、いつでも釣りができる態勢です(嫁の視線が痛い・・・)。


ちなみに、愛用のカメラバックはLoweproスリングショット202AW。このメーカのバッグは、耐久性や拡張性があり、そのまま釣りにも応用できそうな製品が多く、三脚装着用のストラップが、釣竿の装着にちょうどいいので?気に入っています。

跳ね橋周辺。やはり今日も釣り人はいっぱいいます。
つれそうです。
美しい景色。
いつも釣りをしているサンドバー周辺の写真を撮っている最中に、ふと、昨夜ねがかりでロストしたナゲット2匹と、先日ロストしたfeel100を発見できるかも!と思い立ち、サンドバー先端まで走ります。



ついたけれど、残念ながらルアーは見つけられませんでした。むむむ・・・


しかし、少し沖合いでは小魚の群れが。明らかに、つれそうです。
水面がざわついているのがわかるでしょうか。

 「子供たちに魚を見せてやりたい」という名目で、 ExcenseTrident90S AR-C を投げてみます。

数投目で、吸い込むような鈍いあたりののち、ぐぐぐーとさおが曲がります。

つってしもうた・・・60センチくらいの大きめのボラが、トライデントをしっかり咥えて上がってきました。

「おさかなだよー」と子供たちを呼びますが、思ったよりも興味なさそう。

驚きもしないし、嬉しそうでもありません。少し遠巻きから、「ぱぱちゃんが釣ったの?」と冷静なヒアリングをされます。

海にお帰り願おうとしますが、当然フィッシュグリップは持ってきておらず、苦戦します。

ぼたぼたはねまくられ、干潟の泥をいっぱいあびせられてしまいました。

残念ながら子供たちの反応がいまいちだったので、これにてストップフィッシング。

釣ってしまった魚はボラでしたが、明らかにボラではない魚のライズも多数みられ、いつもの浜でのデイゲームの可能性を感じさせる一日でした。 

【本日のタックル】
ロッド:Shimano/ディアルーナS809LST
リール:Shimano/ExcenseLBSS C3000HGM
ライン:Barkley:POWER EXTRA #0.8
リーダー:銀鱗5号
ルアー:シマノ/Excense Trident90S


0 件のコメント:

コメントを投稿