2012年4月22日日曜日

4/21 西宮釣行記 (むむむ・・・)

4/21、またまた、いつもの浜にきてしまいました。

21時過ぎからエントリー。川を挟んだ対岸にも釣り人の姿が見えます。

今日は最高に条件が良さそうなので、目標は3匹。



続けてチーバス


しかし、アタリはあるのですが、

こんなのや、

まさにこれぞチーバス。堂々の20センチ。
ヒットタイムは下げ6分。ヒットルアーはトライデント90S
君のお父さん、いや、おじいさんに会いたかったのだけど・・・




こんなの、

これもチーバス。40センチ台後半。
ヒットタイムは下げ7分。ヒットルアーはトライデント90S


ばかりつれます。

あたりはいずれも小さくて、すべてリアフック一本がかかった状態であがってきました。

ハットトリックを狙うがバラシ連発


途中、奥さんから電話がかかってきて、「もう一匹だけ釣ったら帰るから」といいますが、そのもう一匹、3匹目がなかなかあげられません。

20センチ台→40センチ台と続いたので、次は60センチ台だと期待しますが、期待通り?推定60センチ台のボラをスレで掛け、走られまくって、ポイントを台無しにしてしまいました(涙)。

猪名川で巨大ボラは散々相手にしてきましたが、春夏の浜のボラも、スレ掛かりすると、非常にパワフルです。シーバスはバレてくれるのに、なぜかボラの場合はしっかり取り込めてしまいます。


そうこうしているうちに、日付も替わってしまいました。

そのころ、この日にお目にかかった方がいらっしゃいました。

武庫川がだめだったので場所替わりでこられたそうですが、なかなかつれない私の後ろで、短時間でいい型のキビレを4匹も釣られて、2時間ほどで帰って行かれました。すばらしいウデですね。

私もまねをして久々にボンボンを投げてみましたが、あたりもかすりもしないので、集中力が10分も持たず、やはりもとのシーバス狙いに戻してしまいます。


その後も、何回かシーバスを掛けて、ファイトはするものの、ぐぐぐっと竿先が曲がっておしまい、えら洗い一発でフックアウト、リーダーつかもうとしてフックアウト、フィッシュグリップでつかもうとしてポロリ、岸へずりあげる際にポロリなど、ありとあらゆるバラシ方をやってしまいます。


結局、そんな調子で「あと一匹」が獲れそうで獲れず、朝5時半まで粘って、腕や肩がパンパンで体力の限界を感じ、残念ながらストップフィッシング。

むむむむむ・・・・



【本日のタックル】

ロッド:Shimano/Excense TunedAR-C S902ML
リール:Shimano/Excense LB SS C3000HGM
ライン:Barkley:POWER EXTRA #0.8
リーダー:Laiglon/SALT WATER 20Lb
ルアー:komomo SF95 Slim、スカジットデザインズ/ナゲット、Reed/feel100、BAYRUF/Manic 、Shimano/Trident90S,115S




【ヒットルアー】


0 件のコメント:

コメントを投稿