2012年5月11日金曜日

ルアーについて エクスセンス スタッガリングスイマーAR-C

また新たなルアーを買ってしまった・・・
針はがまかつのRB-Mに交換済み。
私は普段、ウェーディングの釣りがすきなのですが、いつも釣りをするお気に入りの浜辺は、浅すぎて使うルアーが限られてしまいます。

また、浅い割には、ポイント付近には適度にゴロタ岩があり、結構な頻度で根掛りしてしまいます。

そのため、ルアーは基本どシャロー狙いのものを中心に使いますが、こいつは、先日悲しくも購入後2回目の出撃で、写真撮影の前に殉職したトライデント115Sの代わりとして採用した新人君です。




トライデント115Sは、同90Sと比較すると、泳ぎの種類は同じようなへこへことお尻を振ったローリング寄りの泳ぎですが、より尻下がりでピッチが遅く、沈降速度はかなり早めです。(この日に殉職したのはそのせいか?・・・)


スタッガリングスイマーは、そのトライデント115Sと比べて、飛距離はさすがに負けますが、泳ぎはより緩い感じ、ゆっくり目のS字系で、ボリューム感があるため引き抵抗もそれなりにあり、ボディで流れもよく受けて沈降は遅く、より浮き上がりがちな感じです。


サイズも重量も比較的近く、見た目以外どういう棲み分けなんだろうと思っていましたが、実際に買って使って見ると、意外とその性格の違いは大きいようです。


飛距離やシルエット特性を活かした釣り、ボトム狙いでは、明らかにトライデントの方に分がありそうですが、よりシャローの釣りや、イカ・バチシーズン、じっくり狙うとき、潮の動きが悪いときは、こちらのスタッガリングスイマーの方がよさげです。


というわけで、いつもの浜で使うにはもってこい。先日もさんざんこいつを投げたおしてきました。

まあ、結局狙った魚はつれなかったのですが・・・


今週も、こいつを携え出撃、といきたいところですが、歯の治療のため出撃できそうにありません。残念。


0 件のコメント:

コメントを投稿