2012年10月29日月曜日

10/28 西宮釣行記 (いまさら発見、グースとブラスの実釣インプレ)

いまさらですが、HUMPの製品、グースとブラスに興味を持ってしまい、つい購入してしまいました。
HUMP(ハンプ) グース90・ブラス80。ちっさめサイズです。ちなみに、あまり使ったことがないですが、ブラスは100Fも持っています。


非常に古い時代のルアーで、大昔のルアー雑誌によく出ていました。いまごろどうしても欲しくなってよくいく釣具屋さんをいろいろ回りましたが、どこにも売っていなかったので、ほぼ定価どおりで通販で購入してしまいました。高い。





そしてこれらを携え仕事の合間の僅かな時間を使って、短時間、いつもの浜へ。


今日はルアーはこれしか使いません。



しかし、イメージどおりのポイントで、イメージどおりの食わせ方で、ちっさいながらも見事にシーバスを連れてきてくれました。これは、うれしい。

50センチ弱のチーバスさん。針が大きめだったので、ちょっと口周りにお怪我させてしまいました。ごめんなさい・・・


グース、ブラスともに、潜行深度は浅め、グースはもぐって30センチ、ブラスは10センチ弱ってところでしょうか。


ともに現代的なルアーに比べると、キビキビバタバタ系で、確かに最近流行りのアクションではありませんが、ロッドを立てずともこの潜行深度をキープできるルアーはなかなか他にはありません。


また、写真の魚はいい流れが出てきてから釣ったものですが、流れの中でもきちんと安定した泳ぎを出してくれるようです。



飛距離もそれぞれ80、90サイズとしては充分ですが、グースの方が重量のせいか、若干よく飛びます。



対してブラスのほうは、水面でペンシルベイトのような斜め浮きをするので、そのままポッパーアクションをさせてトップ的な使い方もできますし、もちろんダイブアクションもさせられます。



普段トップを滅多に持ち歩かない私としては、こりゃ便利。



メーカーのHPを見ると、グース115も面白そうなので、買ってみるっぺか。



というわけで、グースもブラスも、古いですが大変魅力的なルアーです。



しばらくはこれらだけで釣りをしてみようとおもいます。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Exsence S900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/'09BB-XテクニウムMg C3000DHG
ライン:Rapala/Rapinova-X  0.8号



0 件のコメント:

コメントを投稿