2013年3月22日金曜日

3/17 早春・デイの猪名川ポイントちょこっと偵察

昼間にちょこっと留守番の時間ができたので、息子を連れて猪名川へ。


写真には写っていませんが、水面には無数のボラのライズが見えます。




かといって、シーバスに追われているわけでもなく、単に気温水温の上昇で活気づいているのと、川鵜に追っかけられて騒いでいるだけのようですな。


それでも、来たからには釣りをしたいと、アクション確認を兼ねて、買ったばかりのスカジットデザインズ スライドベイト ヘビーワン20g(銀粉使用)をキャストして引いてみました。

フェザーフックが艶かしくクネクネ動き、20gの割りにスローに流れに乗せることも可能で、なかなかよい感じ。


すると、やってしまった・・・巨ゴイの尻尾に掛けてしまいました。


巨ボラと同じくトルクにものを言わせたディーゼルエンジン系のひきですが、ボラとはまたちょっと異なるパワフルさで、愛竿FlexPerformanceを弓なりにしならせます。


そんなときに、子供は「おなか減ったーマクドたべたいかえりたい」とわめきちらし、しかもいつの間にか家に戻ってきた嫁からはいつ帰るのかと電話の着信。


電話に出ている間にも、コイはぐんぐん上流に向かって突進していきますが、体勢を立て直してまじめにファイト。擦られたり巻かれたりする心配もない場所なので、ひたすら突っ込みに耐え、かなりの時間を掛けて川べりに寄せてきました。


さてこまった、どうやって引きずりあげるっぺかと思案していたところ、あろうことか5号リーダーがスナップとのノット部分でラインブレイク!結びが甘かったようです。


コイさん、大変申し訳ありません。バーブレス化したフックが無事取れてくれることを祈るばかりです。次来るときは、必ずタモをもって参ります・・・


初出撃の銀粉スライドベイト殉職。買ってからの寿命:約1日、実戦投入時間:10分・・・ズコッ

さらば猪名川ポイントよ。もう(次の冬まで)来ないつもりだ。

この日のタックル。ExsenceLBC3000HGM&ExcenseS900ML/RS。
ボラコイ相手でも楽しめるセットです。

と、このとき、猪名川でランディングするときに有効ではないかという、すばらしい手法をひらめきました。

また試してみてから記事にしようと思います。

【本日のタックル】

ロッド:Shimano/Exsence S900ML/RS Flex Performance
リール:Shimano/’10EXSENCE LBC3000HGM
ライン: バークレイ/パワーエクストラ#0.8
リーダー:レグロン/SALT WATER 20Lb


0 件のコメント:

コメントを投稿