2013年5月26日日曜日

5/25 西宮釣行記 (デカいやつ)

今日もちょこっとだけ、いつもの浜に来てしまいました。


仕事が終わったのが深夜だったので、早朝?からの釣り。苦手の上げ潮です。


上げの潮を狙う


ポイント到着直後は無風で波もありませんでしたが、暫く待っているとまるで川のように強烈な流れが。


マニック135をアップに大遠投して、いつものサイズを1匹釣った後で、強い流れにのせて東へ東へとドリフト気味に流していたところ、コツンとわかりやすいアタリがあり、すかさずアワセを入れます。


なかなかのグッド・ファイトで上がってきたのは63センチのコンディションいいスズキさん。


ばばばばん。63センチ。FlexPerformanceを気持ちよく曲げてくれました。


普段は1匹釣れれば満足して帰るのですが、ちょうど潮位は私がこの浜で絶対的に得意とする高さ。


さらにまだまだいい流れが出ていたので、ちょっと粘って先ほどと同じポジションから似たようなコースを流します。


デカい魚か!


上の写真を撮り終えてから後の2流し目で、カツンとまたまた来ました。


すぐさまあわせて、ファイト開始。いきなりエラ洗いされますが、持ちこたえます。愛用のロッドFlexPerformanceはフルムーン状態に曲がっています。おおおお!


流れのどまん中で掛けた魚ということを差し引いても、先ほどの魚に比べても引きが余りにも強すぎる。これは間違いなくかなりの大物です。


右投げ右巻きの私はバットエンドを左わきの下に挟んでいたため、魚の猛烈な突っ込みをうけて腋の下が痛くなりましたが、エビぞりで魚の突進を止め、その後に続くエラ洗いにも耐えます。


愛竿Flex Performanceは相変わらずバットから曲がってますが、胴調子の磯竿のように魚の動きに見事に追従してくれます。



しかし、ようやく魚の頭がこちらを向いて、寄せて来れたか?と思ったところで、なぜかフッと竿の曲りがなくなってしまいました。




残念、ファイト中にすっぽ抜けしたようで、バラしてしまいました。ズコッ。




うーん、ちょっと強引にやり取りしたので、針孔が広がってしまったのでしょうか。



釣り上げることが出来ずにがっくりですが、しかしながら、お気に入りのポイントで、ここしばらく味わったことのないヒキの大物と、短い時間ながらもファイト出来たので、不思議と満足感もあります。



ここにはそんなデカい魚は来ないと思ってましたが、やはりたまには立ち寄ることもあるようですな。


これだから魚釣りはやめられません。大自然よ、今日も本当にありがとう。




今日も浜は美しい風景でした。


【タックルデータ】

ロッド:Shimano/Exsence S900ML/RS Flex Performance
リール:Shimano/ ExsenceLBC3000HGM
ライン: Rapala(ラパラ) RAPINOVA-X(ラピノヴァX) マルチゲーム#0.6
リーダー:レグロン/SALT WATER 16Lb
ルアー: DUO/マニック135,115、マニックフィッシュ88


【ヒットルアー】


0 件のコメント:

コメントを投稿