2013年8月11日日曜日

8/11 猪名川釣行記 (リバーシーバス狙い)

今週末もまともに釣りに行くヒマがないので、いつもの浜はあきらめて、早朝にこっそり起きだして近所の猪名川を短時間偵察してみます。

ポイント偵察、とりあえず雰囲気はリバーシーバス


ここは、昨年からシーバスがいるのでは?と目をつけているところ。

利倉周辺。見た目は明らかにバス場ですが、海抜データと目視による水位変動を見ていると、ぎりぎりこの一帯までは明らかに潮汐の影響を受けていそうです。昨年はここでもボラの群れを見かけたので、シーバスも入ってきてもおかしくないはずですが、浚渫工事で木は切り落とされ、見事にストラクチャーがなくなり、より釣れる可能性は低くなった気がします。



本日のタックルはカーディフX+BB-XテクニウムMG。ラインはPE#0.6にナイロンリーダー16lbs。トラウト用ロッドに磯釣り用リール、ロッド指定範囲外ポンド数のナイロンリーダーと、意味不明な組み合わせですが、リバーフィッシングの雰囲気だけ重視した敢えての組み合わせです。

到着後、水面には多数のライズが。ちょうど9センチミノーくらいのサイズのオイカワ?
ここでも、TKRPに一発ガバッと水面が割れましたが、残念ながらフッキングにはいたりませんでした。コイがぶつかりそうになってよけただけ?かも知れません。

ネットで調べて見ると、ブラックバスで有名なところのようで、さらにかなりスレているそうです。たしかに、今朝はいませんが、いつもちょくちょくバサーらしい釣り人を見かけます。

忙しいので朝の1時間だけ短時間勝負。今日は、北海道旅行に行ってから、どうしてもトラウトロッドがほしくなって買ってしまったカーディフX76Lを携えての初釣行。

おそらくオイカワと思われるベイトがぴちゃぴちゃはねています。これは、期待できます。

狙い通りキタッ?


シーバスがいるとすれば、おそらくここがフィーディングゾーンになるはずと考えられる堰下の白泡に流し込むために、堰上ぎりぎりにTKRPをキャストします。

一般的にロッドが長いほうが飛距離は出るといわれますが、適合ルアーウェイト4-14gのカーディフX76Lでも9フィートロッドに負けず劣らず気持ちよく飛ばせます。

何度かキャストして、うまく堰上から流し込んでいると、ぐぐぐっ、きました!!!

おおお!でかい!普段どおりのセッティングをしているBB-Xテクニウムのドラグが滑ります。カーディフはトラウトロッドなので、やはりちょっとスロー気味のテーパーで、バットから弧を描いてしなっています。

と、魚が2度続けてエラ洗い、水面に躍り出たその姿は、明らかに体高が高い。ブラックバス ではないか!しかもかなりの大きさです。

ブラックバスでもなんでもいい!久しぶりの大物のヒキに大興奮です。

足元まで寄せて、いざランディングという段になって、足元すぐ目の前でまたもジャンプ!と、ルアーがすっぽ抜けてすっ飛んできました。あとちょっとのところでばらしてしまった・・・ズコッ。

ここにはネイティブトラウトなどいないのに、トラウトロッドを購入してしまいました。トラウトロッドといえばスローテーパー。軽量ルアーのキャストや魚とのファイトが格段に面白いはずで、トップルアーの吸い込みもかなりよいのですが、フックやラインとのトータルバランスや、フッキング後追い合わせを入れるなど、シーバスで使うにはそれなりに気を使う必要がありそうです。


このTKRP、フロントフックをST-46の#4に、リアをST-41の#4にしていたので、 ロッドパワーとのバランスを考えるとかなりの太軸、きっと、アワセが甘くて掛かりが浅かったのでしょう。

新規開拓した場所での初シーバスかと思いきや、ブラックバスで、しかもばらしてしまいました。カーディフに入魂ならず。残念。


わずか1時間足らずの釣行ですが、雰囲気だけは満点の夏のリバーで、久しぶりに大物のヒキを味わうことができて、充分満足しました。



【タックルデータ】

ロッド:シマノ/カーディフX 76L
リール:シマノ/'09BB-XテクニウムMg C3000DHG

ライン:Rapala/Rapinova-X 0.6号

【ヒットルアー】







0 件のコメント:

コメントを投稿