2014年8月3日日曜日

8/2・3 猪名川ちょこっと釣行記(リバーシーバス狙い)

前回の釣果、たまたまだったのか、再現可能な釣りなのか確認のため、再び土日と続けてちょこっと行ってみました。

自宅からこの場所までは、抜け道を使えば車で15分程度、これは、お気楽です。

今回、両日とも移動時間を合わせて2時間程度の短時間釣行ですが、両日とも1匹ずつ釣れました。


ポイント周辺。草ぼうぼうです。
バスで有名な場所ですが、バスはスレまくっている模様。



この日8/2も、カーディフX76LとBB-XテクニウムC3000DHGの組み合わせ。
別にレバーブレーキは要らないのですが、軽量で、ハイギヤ+LBの組み合わせも小場所でのデイゲームでは操作性が良く、ついつい使ってしまいます。
カーディフは魚を掛けたあとのベンディングが秀逸。76のショートレングスでバットから曲がるので、サカナとのファイトが非常に楽しいです。反面、太軸の針を使用している場合は、充分力を込めてフッキングせねばなりません。
1匹バラした後、釣れました。魚を直接触らなくてもいいよう、今回はでかいラバーネットをもってきました。
撮影時の魚の角度のせい?で小さく見えますが、50センチ程はありました。



ポイントのちょい下流の風景。浅く底がまる見えですが、清流風?のなかなかきれいな景色です。

上の写真の翌日、8/3は2バラシ。えら洗いされて外れてすっ飛んできたサイレントアサシン80Sががっつり岩にフッキングしてしまい、殉職。残念ながら小さめの1匹のみキャッチ。40センチ台か?
いずれにしてもかなり小場所なので、釣ってもバラしてもプレッシャーは相当なもの。
しばらくの間は釣れなくなってしまいます。

ヒットルアーはB-太80SR。ここは、なぜかB-太80SR、60SRが良く釣れます。
しかし、昨年から手持ちのB-太4本すべて、この場所でロストしてしまいました。
この日のタックル。上の写真をとった後、地球を釣ってラインブレイクしたので、BB-XハイパーフォースのスプールからExcenceLBのスプールに交換してます。PE1号+フロロ16ポンドの組み合わせならネガカリしても、大概回収に成功しますが、この場所はところどころに固い岩盤があるのか、一旦ネガカリするとルアー回収率が異様に悪いです。

本当はやらねばならない仕事がたまっているのですが、すでにそのことは忘れ、完全に現実逃避してしまっています。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/カーディフX 76L
リール:シマノ/'09BB-XテクニウムMg C3000DHG
ライン:Rapala/Rapinova-X 1.0号

【ヒットルアー】




0 件のコメント:

コメントを投稿