2014年11月9日日曜日

11/8 西宮釣行記(サヨリパターン)

しばらくの間休みの日もお仕事があり、でろくにつりにいけてませんでしたが、もう我慢の限界!


ということで、ひさびさに愛竿エクスセンスS900ML/RS FlexPerformanceと、先日修理から帰ってきたエクスセンスLB C3000HGMを持ちだして、家族をほっぽらかして夕食後いつもの浜に出撃してしまいました。


浜に着くと、先行者がいっぱい。


今日はウェーディングしたいので、サンドバーを目指しますが、いつものポジションにもすでに先行者が。


申し訳ないですが今日を逃すといつ釣りができるかわかりませんので、ちょっとお声がけして南面に入らせてもらいます。




ボイルは出ている


今日はサヨリが幅広く散っていて、ときおりボイルが起きて、ちょいと興奮されせらますが、おそらくはフェイクボイル。


あまりコレを当てにしてはいけません。


しばらくいろんなコースを試して、良く流れの効いているココだ!というポイントを見つけたので、そこの近辺にトライデント115Sをゆっくり、ゆっくり流していると・・・

サイズの割にヒキはそこそこ強く、一旦至近距離まで寄せても、たびたびトルクフルな突っ込みでまた距離を開けられて・・・と、やり取りを楽しめました。70行ったか?!と思いましたが、計ってみたらチョいたりませんでした。


ばばばばばん!出ました!


夏の猪名川以来、久しぶりのいいサイズの鈴木さんです。

長さはないけど太目の魚。ひさびさにこりゃ満足。

一匹では終わらない


これを釣った後、今度は同じルアーでカラーをチャートパールのもの変え、ちょっと狙いを変えてみます。


今度はルアーを先ほどより少し沈め気味にして、川筋沖のブレイク周辺を流します。


しばらく粘っていると、ばばばん!またまた釣れました。

こいつはさっきより小さい。しかし、ギリギリ60超えの鈴木さんサイズ。

今日はハットトリックいけるか・・・と思ってましたが、こいつを釣ったあと、家族から帰れコール。


まあ、今日はひさびさにいい釣りができたので、これでいいかと、帰途に着きました。


本日のタックルとルアー。いい仕事してくれました。


曲げて獲るFlexPerformance


ひさびさにウェーディングでFlexPerformanceを使いましたが、やはりレギュラースローテーパーのこいつで魚を掛けると、やり取りが非常に面白い。


しかもその曲がりゆえに、フッキングをしくじってなければ比較的バラシも少なく、やり取りを安心して楽しめます。


最近暫くはまっていたトラウトロッドのカーディフXと比べると、同じようなレギュラースロー(カーディフXのMLはレギュラー寄りですが)の竿でも、大きな違いは感度と金属的な張り。


抵抗の少ないシンペンを遠めに流していても、FlexPerformanceは脈釣りかのようにアタリを感じることができます。


Exsenceロッドもそろそろ次世代モデルにモデルチェンジされつつあるようですが、こういう曲げて獲るタイプの竿は是非ラインナップに入れておいて欲しいところ。


贅沢いうなら、次はFlexPerformaceのショート版が出ないものかなぁ・・・


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Exsence S900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/'10ExsenceLB C3000HGM
ライン:シマノ/パワープロ 0.8号

【ヒットルアー】



0 件のコメント:

コメントを投稿