2017年4月11日火曜日

実録!40代おっさんがアウトレットでスーツ選び

大潮だった10日の夜、ついついいつもの浜に出かけてしまいましたが、強風でイマイチ釣りにならず、またしてもボランカー(大物ボラ)を連発。シーバスはボーズでした。

またまたボラ釣り日記を量産しても仕方がないので、今回は釣り以外のことを書きます。

近々法事の予定があり、必要に駆られて先日久々にスーツを新調しました。

30台前半には一応法人の代表取締役をしており、ちょいリッチな生活を送っていたため、当時スーツはアルマーニやヒューゴボスばかりを着ていた私も、今や仕事も変わり、住宅ローンに2人の子供の教育費、年数経って壊れ始める家電製品やボロくなってきた車の修理代にと、日頃かつかつの生活を送る中年のおっさんです(涙)。



若かりし頃、当時の予定では、今頃地中海で自家製ヨットに乗ってるはずだったのですが、いざ40台になってみると、釣行時の渡船代すら出すのがはばかられる状態。今日も沖堤に上がってオキテー(沖堤)が、無理だ・・・(つまらなくてすみません)

第一、海から離れた場所に住んでいるため、魚釣りするにもあれこれお金がかかるし、当然、着るものごときに贅沢はいってられません。


まずはユニクロへGO!


ということで、まずはお安く上下2万程度で揃えられる国民着?ユニクロのセットアップを試してみました。

Super110'sだという生地はまあまあ、ストレッチ性もあって下腹が苦しいおっさんにはよかったのですが、SサイズのSlimだとどうしても前肩が当たっている感じがします。Sサイズレギュラーフィットは在庫なし。

かたや、MサイズのSlimを試してみると、だぶつく感じ。私の身長ではMサイズど真ん中なはずなのですが、やはり国民着?さまざまな体形の方にフィットするよう、ゆとりを持たせているのかもしれません。

パターンが私の体形に合わなかったのか、やはりいずれのサイズも着心地に疑問がありますので、やめておきました。


そうだ、アウトレットで探そう


そしてお手頃スーツに巡り合えないかと向かった先は某大型アウトレット。

アウトレットはたまに来ますが、子供服か、たまに日常着を買う程度で、自分が出入りするのは釣用ウェアを物色するためのアウトドア関係のショップか、GAPくらい。結局何も買わずに帰ることも多く、あまりまじめに品物、特にスーツの類を見ることはありません。

しかし今回は真剣に探してみるつもりです。

考えているのは、初夏向けの半裏仕立て、毛芯を使った縫製の良いスーツで、法事だけではもったいないのでビジネスにも流用できる黒系、できれば耐久性のありそうなもの、ディティールはあまりこだわらず身体にフィットしていればよし、あわよくば予算6万円以内ってのが条件です。


おっさんが着るスーツはどこで探す?


もういい歳なので落ち着きあるものがよかろうと、とりあえずブルックスブラザーズやラルフローレンなどトラッド系中心に見て回りますが、黒系はなかなか無く、さすがに今期モノとかは期待してませんが、廃番品の結構古いモデルが多いようです。

まあ、アウトレットだからそれはそれで当たり前か。

今回の買い物では、お店をすっかり見忘れてましたが、アウトレットによくある高品質なトラッドといえばNEWYORKER。ここのオンラインショップNEWYORKER公式通販[NY.online] なら初回注文サービスが充実していて、送料無料・代引き手数料無料・返品時の送料無料。これなら安心して選べますね。
 
私にとっては昔懐かしのアルマーニ、ボス、ゼニアetc…も見て回りましたが、こっちは予算オーバー(笑)ですし、平均的な日本人体形?の私にフィットする44サイズがほとんどありませんでした。あってもすぐ売れちゃうのかもしれません。

さらに、おっさんになって物欲が薄れたからかもしれませんが、昔と違って正直心惹かれるアイテムが無い。特にアルマーニなどは若いころは毎シーズン新作を見るだけでも楽しくて、カタログとかも集めてたんですが・・・まあこれも、正規店に行けば違うのかもしれませんが、それはそれで大幅予算オーバーなので考えないようにしました。

やはりデザイナーズ系は却下だなということで、無難なところ?を狙って、セレクトショップ系を見て回ることにします。

想像を覆す世界


実はわたくしセレクトショップ系ってほとんど買い物したことがない。特にスーツは初めてですが、若いころ見て回ったことはあるので想像はつきます。

キトンやベルヴェストなど別格ハイクラスものは除外して、ショップとして出してるオリジナルものを狙えば、だいたい定価7-8万くらいがボリュームゾーンなので、アウトレットで型落ち品だったら5万円台で買えるかも・・・そんなイメージです。

しかし・・・とりあえず一番近くにあったユナイテッドアローズに入ってみたところ、そこはおっさんが抱いていたイメージを大きく覆す世界でした。

なんと上下合わせて2万円台スーツがゴロゴロ。なんじゃこりゃ。


最近のアウトレット事情なのか

しかし、よくよく見てみると、生地はポリエステル混紡、裏地もポリオンリー、芯地は接着、縫製は中国と、激しくコストダウンの跡が見られるものばかりです。

決してダメと言ってるわけではありませんが、値段が安いからとびっくりしたものの、よく見てみたら値段相応の品々だったという次第。

価格帯やコストダウン個所に違いはあれど、シップスやエディフィスも同様。アウトレット以外の通常店でおいてあるはずのラインナップとはだいぶ様相が異なります。

どうやら、各ショップとも、アウトレット専売品を、それ用のレーベル名をつけて売っているようです。

なーるほど。日本中にこれだけアウトレットが乱立すれば、当然B級品や型落ち品だけでは商品供給量が足りなくなるでしょうから、そりゃそういう商売の形になりますね。

昔よくDCブランド系で見たことある、「バーゲン時期だけ出現するモデル」ってのと似たような感じかなぁと思います。

記号性に魅力を感じる?日本人の特性に合わせた商売なのか、はたまたアウトレットでの「得した感」を演出する手法なのか、それとも不況を経ておっさん世代があまりファッションに金を使わないから、若い子向けにやっている商売なのか、どれが正解なのかはわかりませんが、アウトレットといえども、油断禁物、特別にお買い得感があるわけでもないということがわかりました。

勉強になるなぁ。


結局のところ


法事の日程も迫っているので今更オーダースーツにするわけにもいかず、その日のうちに決めたいところなので、セレクトショップ系中心にじっくり見てまわりました。

結局決めたのはトゥモローランドのスーツ。見るのも買うのも初めです。

特に派手さはないものの、日本毛織製の生地に毛芯仕立て、裏地もキュプラで、縫製も悪くない。

春夏向け半裏ながら案外重厚感ある仕立てが、却って仕事着として求める耐久性の高さを予感させてくれ、税抜き39000円でこの出来なら充分です。

おっさんよりも若い世代向け、きっと30台前半向けのラインなのでしょうが、私は腹以外は中肉体形。若向けでも気にしない、気にしない。

タイト目なシルエットではあるものの、着心地は決して悪くはない。却って体にフィットして余計な布が無い方が、体の動きに引きずられて上着全体が動いてしまうより疲労感は少ないし、上着肩回りの重量が中心に乗った感覚も自然に感じます。

パンツはお直しに出して限界までウエストを出せばなんとか腹も入りそうですし(笑)。


おっさんのスーツ探しまとめ

結構な時間さまよって、求めている条件にぴったりくるものがなかなか見つからず、若干スーツ難民化してしまいましたが、時間を掛けてなんとか満足いく買い物ができました。

この辺り、粘ってようやく1本釣れるっていう普段のワタクシの釣りスタイルに相通じるかも。

前述の通り、アウトレットだからと言って、特別お得ってわけではなさそうで、値段相応なんだなってのが今回のスーツ探しの感想です。

仕事で長時間着るスーツは、やはり体形へのフィット、着心地が大事だと思いますので、時間的余裕と気力があれば、やはりプロパー価格の時(≒品揃えも豊富な時期)に実店舗で試着して、サイズ感や着心地、求める品質を確かめておいてから、セールになったタイミングを狙うか、割引あるネット通販で買うのが一番お得なんじゃないかなと思いました。



コスパに優れたスーツならTHE SUIT COMPANY & UNIVERSAL LANGUAGE ONLINE SHOPがお勧め。サイズ、スタイルとも豊富でトレンドも程よく意識したお好みのスーツがきっと見つかるはず。

時代は断捨離。若かりし頃に買ったブランドモノ、どうせ着ないならいっそのこと売り払ってしまいましょう。洋服の買い取りならスピード買取.jp


「大切な商品だから、上質なクリーニングを選ぶ」【ピュアクリーニング】 。洋服のことを考え抜いた、極上の衣類メンテナンスサービスを提供! 1点1点、丁寧な手仕事で行います。 

0 件のコメント:

コメントを投稿