2017年4月24日月曜日

ルアーについて エクリプス バロール90(Balor90) のインプレ

今回は、昨年春に発売されたEclipseの「バロール90」というシンキングペンシルのインプレです。

バロール90。独特なヘッド形状に、ベイトフィッシュライクな外観が釣れそうな雰囲気。



どんなルアー?


全長90mm、自重13gのシンキングペンシルです。シンキングペンシルながら、リップレスミノーのようなヘッド形状と、反り返ったフォルムが特徴的な外観です。

コンセプトは「表層をスローに攻略できる」ことだそうです。



13gというウェイトはシーバスロッドのLからMLクラスのロッドに乗せやすいウェイトで、後方に重心を寄せたウェイト配置と相まって、キャストフィールはなかなかよく、飛行姿勢も安定しておりそこそこ飛距離の出るタイプのルアーです。


アクションとレンジ


アクションは水を掴んでいるときは基本的にスローなピッチで、テールスライドを伴ったローリングです。

このテールスライドの動き、反り返ったフォルムが似ているからでしょうか、私はスイッチヒッター85Sの動きにとても似ていると思います。

ただし、スイッチヒッター85Sよりもバロール90の方が、ロールは明確で大きく、テールスライド幅は小さい、つまりローリング寄りの動きといえます。

また、水を掴んでいない状態で引いているときは、テールスライドが消え、ピッチが速いローリングを生じます。

この動きも例えるならマニックフィッシュ88のスロー引きの時のアクションに似ています。

このように、水の掴み具合によってアクションの性質、リトリーブ抵抗が変わるため、一定速でリトリーブしているときに感じる抵抗の大小で、流れの強弱変化を把握しやすいルアーだと思います。

水の掴みがよいヘッド形状故に、シンペンのわりに多少踏ん張りが効き、シンキングながらスローなリトリーブスピードに対応できるところも使い勝手が良い。

レンジはいつもの浜で普通に使って、水面下10-20㎝位だと思いますが、ロッドティップの上下とリトリーブスピードの調節によって、いかようにでも変えられそうです。

ティップを上げて引いてくれば、水面ぎりぎりの深度を攻めることもできます。




どんなシーンで有効か?


フォルムはバチ、イナッコ、トウゴロウetc…と、いろいろなシーズン、ベイトに対応してくれそうで、ロッドワークやリトリーブ変化によってアクションも変化させることができるルアーであるため、その絶妙なサイズ感とも相まって、比較的シンペンの中でも適応範囲が広そうなルアーです。


表層をスローなピッチのアクションで攻められることがやはりこのルアーの特徴なので、個人的にはいつもの浜のようなシャローエリアでのナイトゲームでの食わせのシーンにピッタリかなと考えています。


購入してから間もなく、まださほど投げていませんが、久々に好印象なシンキングペンシル。これからの釣果が期待できそうです。





0 件のコメント:

コメントを投稿