2017年4月13日木曜日

初心者から上級者まで購入前必見!新品ロッドやリールを安値で買う方法

私が初めて魚釣りをしたのが小学校1年生の時、今から35年くらい前の話です。

その翌年、2年生の時に、地元にあった個人商店の小さな釣具店、私がよく通っていたお店で、初めて釣り具メーカーダイワのカタログをもらいました。

うれしくてうれしくて、そのカタログがボロボロになるまで読んだのを覚えています。



ある法則


そのころから長い間、多数の釣り道具を買い、触れてきた中で、ある時ある法則に気づきました。



それはロッド、リールの販売価格について。

今や周知の事実だと思いますが、ダイワ、シマノの2大メーカーの現行商品は、なぜかどこの釣具店でも、セール期間における最大割引率が同じになります。

その割引率は、「約40%」「約25ー28%」の2パターンに分けられます。

前者は、メーカーが販売するボリュームゾーンやミドルクラス以下の商品。

シーバスロッドで例を挙げると、ダイワならラブラックス、ラテオ、シーバスハンターXなど、シマノならルナミス、ディアルーナXR、AR-C TyeXXなどが該当します。

後者は、フラグシップモデルやハイエンドに近いモデル。

同じくシーバスロッドの例では、ダイワならモアザンシリーズ、シマノならエクスセンスやAR-C TypeVR、ワールドシャウラなどが該当します。

割引率が後者の製品は、毎年出されるメーカーカタログのJANコード右隣にアスタリスク(*)マークがついていますので、このマークの有無で、その商品がどちらの割引率パターンの商品か、見分けることができます。

ちなみに、*マークなしの商品が必ず4割引きになるとは限りません。また、特売品や型落ち品は、この枠を超えた割引率になる場合もあります。


いつ買うのが得か?


ゴールデンウィークを前にして、私の自宅にも釣具店のセールDMが届きました。

中身を見ると、やはり上記割引率のパターンに当てはまっています。

釣具店は大型連休前、ボーナス時期、年末年始と、年に何度も定例的にセールを行いますが、その中でもずばり割引率が最大になるタイミングは、年始セールであることが多いです。

このタイミングでは、他タイミングのセールよりも多くの商品が、最大割引率まで値下げされ、さらに各種ポイント還元など「おまけ」も多いからです。

よって、ロッドやリールを買うなら、年始セールのタイミングがベストだと思います。


セールまで待てない!という方は


*マークががある商品ではおおよそ25%以上、ない商品では40%程度の割引率で買えれば、釣具店セール期間の最安値で買えたということになりますので、「セールまで待てないよ」という方は、上記割引率の商品を、お店や通販で探してみてください。

中でも、私がお勧めする、お得な買い方の一つがAmazon。

Amazonではアフィリエイト広告で「最安値」表現することを(規約上)認めていないため書けませんが、事実上最安値であることが多く、また、商品の価格が頻繁に変動するため、タイミングによっては(上記最大割引率を超えて)非常に安く商品購入できるという魅力があるからです。

以下に割引率パターンと種別によって、Amazon商品を検索するリンクを設けました。

ご興味ある方は、是非ご覧ください。



Amazonは税込み表記なので、消費税分も含めて冷静に比べてみると、他釣具店より安い場合が多々あると思います。

日々価格は変動するため検索結果は変わりますが、リンクをブックマーク頂くと価格チェックにも便利かと思います。

なお、一部、中古品やパーツ類が検索結果に含まれる場合がありますが、ご容赦ください。


最後に、ご参考までに、私自身が上記リンクを作成した時に、「これは安いな」と思った商品を以下に掲載します。(2017年4月13日調べ)


AR-CはVRとXXでなんと半額以下がいくつか出ています。これはびっくり価格ですね。


コスパに優れるストラディックも45%OFF。税込み14594円は、釣具屋セールよりはるかに安い価格です。


ダイワの9.6ftモバイルロッド「クロスビート」がこの価格。サブロッドとしてもっておいても損はない値段ですね。


シマノ最高峰のステラもこの価格。上述の通り規約があるため明記できませんが、価格.comで比較されれば明らかだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿