2017年5月13日土曜日

やはり今夜も居た!満月大潮最終日、いつもの浜バチ抜け調査

5/12、早めの時間から都合がついたので、ついついまたいつもの浜に来てしまいました。

今日は干潮13:51、潮位17㎝から、20:22満潮、潮位148㎝、そして翌01:59干潮、潮位77㎝で、満潮に向けての上げの潮と、満潮からの下げの潮を狙います。

昨日と同様、今日も大潮、しかも満月。時期的にもきっとクルクルバチが抜けてくれるはず。

今日もバチ抜けに合わせてロッドはExsenceのTunedAR-C。リールは明るいうちはPE1.2号を巻いたC3000サイズの’13エクスセンスLBで、夜のバチの釣りでは、短期決戦でスピーディーな展開を求められるだろうと、PE1号を巻いたBB-XハイパーフォースコンパクトC2000にチェンジする予定です。




まずは前半戦、上げ潮でシーバスを狙う


最近は日が落ちるのが遅く、19時くらいまで海辺は明るいです。

満潮までもうしばらく時間があるタイミングですが、風と流れは適度に出ているようす。


ベイトっ気もあり、水は濁り気味だったため、目立つカラーのメタルバイブで沖の流れを探ることにしました。

ウェーディングで沖に進んでいく途中、ひざ下くらいの水深のところで大きなチヌが泳ぎ去っていく姿が見えました。やはりこんなシャローでもうろついているんですね。


シャローにボラが溜まってぴちゃぴちゃしている中、ゴールドチャートのまめさん55でブレイク付近を探っていると、さっそく20㎝位のキビレが釣れました。

でも、もうちょっと大きい魚、できればシーバスが釣りたいなーと思いながら、速めのリトリーブ&ジャークを繰り返して扇状に広く探っていると、ゴゴンとキマシタ!

50㎝台半ば。まだ明るい時間のシャローだからか、結構激しく引いてくれて長時間ファイトを楽しませてくれました。青黒い魚体が綺麗な魚でした。

とりあえず上げ潮のうちに一匹確保~。コレでボウズは逃れました。



後半戦、夜の部はもちろんバチ抜けチャンスタイム待ち


この魚を釣った後、夜の戦いに備えてミドラー(中間着)を着込み、リールをチェンジしてしばし砂の上で休憩します。

そして訪れたバチ抜けタイム、今日も、満潮から一時間後くらいから、ちらほら泳ぐトリックバチの姿が見え始めました。

それと時を同じくして、今日も先発、エンヴィー125にアタリが出始めます。

しの字を描いて流れるラインの先にシュボっと水中が!ヤッタ!と思ってあわせますが、上がってきたのはでっかいボラやん。また君かいなー。

ドキドキさせやがって。
気を取り直して続行しているとまたアタリ。

今度はフッキング直後にエラ洗い!ヤッタ!

と思ったら、またまたこいつもボラやん。しかもサイズアップしてるし~。

紛らわしいからお前はエラ洗いするな~。
ちなみに、計ってみたら65㎝ありました。げげぇ。

今日はバチの密度が薄いからか、昨日ほどではないですが、やはりボラやんアタックが非常に多い。

1時間半ほどの間に、同じようにかれこれ7、8本はボラを釣ったでしょうか?

もう腕もパンパンです。


結局また今日も、貴重なバチ抜けタイムをボラやん達と戯れて過ごしてしまいました。


一体何しに来たんだろ、もしかして筋トレ?と、気力もなえてきたところに、横殴りの雨も降ってきたので、残念無念ですがこれにて納竿としました。


意外とむつかしいトリックバチパターン



しかしこの時期、トリックバチのバチ抜けには毎度翻弄されてます。

狙うレンジやアクションを変えてみるため、いろいろなタイプのシンペンを投げてみますが、どれを投げてもボラ、ボラ、ボラ。

着水即ヒットがボラやんってのも何度かありました。

ボラが多くても、シーバスが居れば必ず先に食ってくるように思いますが、どうもそのようにはいきませんでした。

ウデが悪いのか、魚がお留守なのか、攻め方が間違っているのか・・・

意外と簡単にはいきませんな。


とはいえ、今日は上げの潮で1匹、いい魚を釣ることができましたので、それだけでも良しとしましょう。

大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンス S902ML/AR-C TunedAR-C
リール:シマノ/BB-XハイパーフォースC2000DHG
ライン:DUEL/ARMORED F+ #1.0

【ヒットルアー】





0 件のコメント:

コメントを投稿