2017年5月20日土曜日

やはりイマイチだった!小潮回りいつもの浜調査

5/18、またまた夜にいつもの浜に来てしまいました。

17:59干潮、潮位55㎝~翌03:02満潮、潮位127㎝で、上げの潮を狙います。

最近ワンパターン化していますが、潮回りが悪く夜間の潮位変動が少ない今週のような日でも、もしかしたら上げ潮でチャンスがあるかも?と思って出撃した次第です。


釣り人はなぜか多かった


駐車場を出るときにお若いシーバサーに会いました。跳ね橋の方で昼からやられてたそうですが、状況はいまいちとのこと。

そりゃこんな潮ではそうですよね。



と言いつつも、歩いてポイントに到着すると、案の定流れ無し。どよーんと鏡面仕上げの海です。

流れなし、雰囲気なし


潮位が低く流れもないので、いつも入るポイントより東側からエントリし、徐々に移動しながら探っていく考えで、キャスト開始。


暫く釣っていると、近くでキャスト音が!

よくよく見ると、西側70-80mくらいのところに、釣り人の姿がぼんやり見えました。

さらに、川を挟んだ対岸にも2人おられるようです。

皆さんフラッシャーつけておられませんでしたので気づきませんでしたが、夜の釣りは危ないので、安全のためにも、また気持ちよく釣りするためにも、是非つけた方がいいですよ。


とりあえずお互い邪魔にならない程度の距離は充分あるので、今いる場所で粘ろうと思いましたが、暫くして皆さん撤退されてしまいました。やはり今日は釣れないのかなぁ。


恐怖体験


上げ潮の水位上昇も緩やかなので、ひざくらいまでウェーディングして、表層~中層をルアーローテーションしながら暫く探りますが、どうも気配がない。


そんな時、突然、何かが右足に触りました!

ギョェー!と思わず声を出してしまします。

周りに釣り人も消えて、夜の海に私一人。ちょっと気持ち悪くなって、上陸してしまいました。

ワタクシ、普段一人で浸かっていますが、実は夜の海が大の苦手。

昔もウェーディング中に男性用パジャマのズボンを釣りあげたり、火の玉を見た時(この記事です)にも、恐ろしさのあまりに悲鳴を上げてしまったことがあります。

要は、ビビりなのです。

それにしても、一体何だったんでしょう?魚って感じではないし、大きなカニ?


コワいので普段と違うポイントを狙う


とにかく先ほどの右足の感触が気持ち悪くて、暫く浸かる気にならなかったので、最近ご無沙汰している川筋で釣りをすることにしました。

この場所、河口東側には沖まで延びる馬の背状のサンドバーがありますが、対岸にも同様なサンドバーが延びていて、さらに対岸は手前側に弧を描くような形で浅瀬を形成しています。

よって、水中はいわば浅瀬と浅瀬に囲まれたワンドのような形。

そして、岸近くには小さなハクの群れがぴちゃぴちゃしています。

シャローに小魚を追い込んで食べようとする魚にとっては都合の良い場所。もしかしたら釣れるかもしれません。

水深は浅いので、邪道のEnvy105をつけて、対岸シャローから手前にかけて探ります。




何度かコースを変えて流した時、ちょうど、対岸との中間地点あたりで、ぐぐっとアタリが!

軽く竿を立てアワセると、いいヒキで竿が大きく曲がっています!ヤッタ!

しかし、あらら、すっぽーん!と、途中でルアーが宙に舞ってしまいました。

前回釣行に引き続き、またしてもすっぽ抜けです。

惜しいことをした!フックは新品だったので、きっとアワセが弱かったのでしょう。

ファイト中、結構竿をたたくような引きだったので、大き目のチヌかキビレだと思いますが、残念無念!

もう一度アタってくれないかと、その後しばらく手を変え品を変えやってみましたが、やはり狭い川筋でのファイトで場荒れしたのか、二度目はありませんでした。


激浅シャローで単発ボイル


その後、遠くの東側に人の姿が見えて少し恐怖心も薄まったため、再び浸かりで元のポイントにてキャスト再開しますが、やはり反応はなし。

しかし、東側の極浅シャローで、何やら単発ボイル音がしていますので見に行ってみました。

砂浜に座ってじっと観察していると、ハクの群れがチロチロ泳いでいて、5~6分置きに、何かがバコッと水面を割っています。

ここは水深30㎝ほどの水もあまり動かない場所。しかも、長い間隔を置いて、単発のボイルが起きるだけなので、きっとボイルの正体は1匹のキビレでしょう。

こいつを釣ってやろうと、スウィングウォブラーやマニック95、スライ95Fなどを投げてみますが、やはりそううまくはいかない。



30分ほど粘ってみましたが、だめそうなので諦めて帰途につくことにしました。



やはり今日は潮回りがよくなかったのか、雰囲気はイマイチでした。

しかしこんな時でも、ルアーにアタックしてくれる魚がいて、短い時間でもファイトを楽しませてくれましたので、まあ、満足です。

大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンス S902ML/AR-C TunedAR-C
リール:シマノ/BB-XハイパーフォースC2000DHG
ライン:DUEL/ARMORED F+ #1.0





0 件のコメント:

コメントを投稿