2017年5月31日水曜日

久しぶり!中潮上げのいつもの浜でプラッギングゲーム

5/30、ちょっと早い時間から、またまたいつもの浜に来てしまいました。


すると、平日なのに、珍しい!ポイントに先行者の方が。


ちょっとご挨拶して、邪魔にならないよう離れたところに入らせていただきますが、既に魚を釣られたとのこと。ウラヤマシイ~。



上げ始めで弱いですが、流れは一応出てきている様子。


しかし、ひざ下でも海底が見えないくらいの緑色の濁りです。


今日はまだ明るい時間で、小魚がうろうろしているようなので、個人的な苦手克服のためにもミノー中心のプラッギングゲームをするつもり。




先発はiBorn98Fから初めて、iBorn78FグラバーHi89Sと続けます。


いつもの浜では普段めったに使わないルアー達です。


iBorn98F、インプレではあれこれけなしましたが、意外と使ってて楽しいルアーですね。


潮目というほどではないですが、ちょっと流れに変化がある付近で、グラバーHi89Sを早めのストップ&ゴーしていると、ぐぐぐっとアタリが。


すかさず合わせるとエラ洗い!小さいけれどシーバスです!ヤッタ!


と思った次の瞬間、2度目のエラ洗いで、ルアーが外れてすっ飛んできました。


安物タックルベリーの錆び錆び「ベリーフック」をつけていたのがよくなかったのか?いきなりのすっぽ抜け。


しかし、魚は居るようです。


フォローでグラバーHi68Sを投げますが、もう一回カツンとアタリがあっただけで、それ以降反応がなくなってしまいました。


いろいろ投げ倒したからスレたのかなぁ?


ちょうど、日も沈んで、あたりが徐々に薄暗くなってきたので、今日はミノー縛りと思ってましたが、ここでシンペンに手を出してしまいました。


邪道のエンヴィー105で何やら怪しげなモヤモヤが出ている表層を探ろうというつもり。


コレがよくなかった。


エンヴィーで一投目、ガツン!とアタリと同時に、びよよよーんとすさまじい勢いでラインが引き出されます。


やってしまいました、おなじみのナルトビ君です。


しかもよりによってリールはBB-XハイパーフォースC2000DHG、1000番サイズのボディを持つコンパクトリールです。


ドラグMAXでも耐力は5㎏。どんどん糸を出されて、ベールアームなど折れんばかりに撓んでいます。大丈夫か?


ショートハンドルなので非常に疲れましたが、強引にやり取りして何とか浅瀬にずり上げ成功。


ハイパーフォースコンパクトC2000DHG。こんなにちっさいリールです。しかしなんとかナルトビ君の突進を食い止めてくれました。エライ!



無事フックを外したは良いものの、浅瀬にずりあげたエイが重すぎて、水深あるところにうまく逃がせず、リリースにまごついていると、先ほどの先行者さんがなんとご自身のたも網で助けてくれました。


そのおかげで何とかエイが泳げるまでの水深に誘導することができました。


本当に助かりました。ありがとうございました。(ポイント潰しちゃってすみませんでした・・・)


このエイをリリースした後、なぜか急に南西からの風が強く吹き始め、釣り困難な状況に。

あまりに風が強いので、重めのVJ-16なら飛ぶだろうと投げてみたら、頭の部分だけが帰ってきてしまいました。予備のアルカリシャッドは持ってないので、VJ終了・・・



浜辺に上がってかなり長時間、風が弱まるのを待ちますが、一向にその気配はありません。


仕方ないので、東側の浜で、キビレゲームでもしようかと、まめさん55を投げますが、あまりの風に12gのまめさんでもボトムが取れない状態で、正面に投げてもルアーは左から帰ってくる始末。



ダメだコリャ!ということで、あきらめて納竿としました。



今日は残念ながら、キャッチには至りませんでしたが、普段苦手なミノーでのプラッギングで見事魚を出すことには成功しました。


普段やらない釣りですが、やってみると意外と楽しいものですね。


このミノーの釣り、もうちょっと修行してみようと思います。


大自然よ今日もありがとう。



【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンス S902ML/AR-C TunedAR-C
リール:シマノ/BB-XハイパーフォースC2000DHG
ライン:名称不明#1.0






0 件のコメント:

コメントを投稿