2017年8月1日火曜日

イナッコパターン再調査?いつもの浜上げの夕練

7/28、またまたいつもの浜に来てしまいました。


前回、前々回の釣行と、立て続けにバラシを繰り返しているので、どうにも魚を釣り上げないと気が済まないので、しつこいですが釣り場はまたいつもの浜です。




ついて早々、稲光と雨に見舞われ、暫く車で待機しますが、雷が去った後浜辺に立ってみると、相変わらずいつもの浜は南風にも拘わらず意外なほどにクリアな水質。

上げの時間帯ですが、程よく水に動きはあるようです。


というわけで、少し魚も深いレンジにいるかもと、アーマードバイブ55で探り始めます。


オカッパリでお気に入りのカケアガリゾーンを探っていると、ガツンといいアタリ!


ヒキから見て間違いなくチヌでしょう。


FlexPerformanceが胴から曲がりこむほどのいい引きを見せてくれましたが、アリャリャ!またまた途中でふっとバラシてしまいました。


フックサイズ#10とかの小型バイブレーションを使っているため、ある程度は仕方ないのですが、シーバスもチヌキビレも、最近本当にバラシが多いです。


次掛かったら思い切り追いアワセ入れてやろうと考えながら、2度目のチャンスを期待してルアーを投げ続けますが、反応が途絶えてしまいましたので、場所を変えてウェーディングの釣りをはじめます。


まだ明るいうちはバイブレーションで広く探る釣りを繰り返し、日が落ちて暗くなってからはシンペンも混ぜてあれこれ探ってみましたが、結局1時間半ほどアタリなし。


暗くなって、潮位も上がってきたので、先ほどバラシたポイントでオカッパリで狙ってみようと、またまた移動。


西から東に向けていい流れが出ており、ボラが時折跳ねています。


既に対岸の大型照明も消えて暗いので、これまた夜行カラーのアーマードバイブ55で流れの筋を横切るようにスローにリトリーブしていると、ガツンといいアタリ!

ヒキからしてキビレだろうと思っていたら、やはりその通りでした。




さほど大きくはありませんでしたが、ここ最近バラシ続きでなかなかキャッチまで至らなかったため、それでもウレシイ、充分満足です。


ということで、これをもって納竿としました。


今日は雷や雨のため、思った通りに釣りをすることはできませんでしたが、ウェーディング中海の様子を眺めていると、夕まずめに沖ブレイク付近にイナッコが溜まり始めて、真っ暗になるころには岸近くに溜まるようです。


明確なボイル等は見えませんでしたが、途中何度かイナッコの群れがざわつくシーンもあったので、やはりシーバスもイナッコを狙ってうろついていたのかもしれません。


何とか一匹釣り上げて、答え合わせとしたいところですが・・・


また改めて釣査しようと思います。


大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/’13エクスセンスLB C3000HGM
ライン:よつあみ/G-Soul X8 UpgradePE #1.2






0 件のコメント:

コメントを投稿