2017年1月11日水曜日

2017年極寒ウェーディング第二弾!真冬でもシーバスは釣れるか?

前回の釣行で、1月でもシーバスは釣れることがわかりました。

これに気をよくして、再度寒風吹きすさぶ中、いつもの浜にウェーディングに行ってきました。

まだこの時期でもいけるはず


前回はあたりらしき反応は2回、そのうち1回を見事ヒットにつなげることに成功しましたが、非常に小さいあたりで、掛かりどころもよくありませんでした。たまたま通りがかった魚が偶然釣れてしまっただけかもしれません。


ものの本やWebでの情報によると、一般的に、厳冬期は一定サイズのシーバスは湾奥シャローからは離れて、沖の深場に産卵のために移動するといわれています。


私のホームグラウンド周辺の魚は、友が島周辺海域の深場に行っているそうです。


しかし、本当にそうでしょうか。試してみなければわかりません。



ということで、今回の釣行の目的は、この時期、湾奥浅場のシャローでシーバスは釣れるのか、前回釣行の再検証と、加えて、今年の釣行で使う予定の装備品のチェックです。


往路途中でフィッシングMAXに寄って、気になっていたヒフミクリエイティングのシェリー95Fを定価購入。新春セールポイント10倍で獲得した手持ちポイントを全部使っちゃいました。


現場に到着後、浜の東側から西側にむかい目的のポイントに移動しながらメタルバイブを投げ、歩きながらボトムを探っていきますが特に異常なし。


目的のポイントについてから、浅場のシャローにハンマーピトンを立て、装備品を入れたバッカンを掛けます。

クリアな水質だが流れは良い


時間は満潮を過ぎたあたり。北西風が強いですが、東から西へのいい流れが出ています。

冬季のいつもの浜は北からの風が吹く時期、水質は非常にクリアになります。このクリアな水質では、たとえ夜間でもきっとキラキラしたナチュラルカラーがよいはずと推測、さっそく買ったばかりのシェリー95Fをつけて、流れの筋手前のシャローを探ります。

すると・・・なんと3投目でいきなりのヒット。


ばばばばん、でました。前回と違って、ルアーをがっぷり丸呑みしていました。サイズはいまいち、また痩せ気味ですが、寒さに負けずルアーにアタックしてきたかっこいい魚でした。

サイズは55センチくらい。前回と同じくらいのサイズです。ちょっとお腹はほっそりした感じですが、アフターなのかどうなのか、私には判別できません。


しかし、やはりこの時期でもシャローに魚は居て、充分狙って釣れることがわかりました。

年末セールで30%OFFで売っていたのに、今頃になってほしくなってしまい、定価2000円+税で購入。30%OFFの時に買っておけばよかった・・・しかし、初登場でいきなりいい仕事をしてくれました。買ったかいありです。
今回はフローティングタイプを購入しましたが、風のある状況でもそれなりにしっかり飛んで、水を噛んでユラユラヒラヒラといい感じで泳いでくれました。一発でお気に入りのルアーになりましたが、一匹釣っただけで写真の通りボロボロに。塗装はいまいち強くないみたいです。

本日使ったルアーたち。ナチュラル&クリアカラー中心のセレクトです。
Cooはシェリーとのローテーションで、もう一匹追加できるかと思いましたが、一回あたりがあっただけでした。昨年から使っていますが、なぜかCooで魚を釣ったことがありません。
マニックとEnvyは水面直下レンジを試しに探るために投げましたが特にあたりなし。スネコン90Sは、今回狙っていたポイントでは底を擦ってしまい使えませんでした。

今回の装備品、13ExsenceLB+ExsenceS900ML/.RSを、昌栄ハイパワーハンマーピトン刃に装着した磯受太郎に預けています。荷物用フックには、予備のルアーや防寒着、飲料を入れたレインズのバッカンを掛けています。
ベストの装備重量を減らし、休憩時の竿の置き場も確保できる、ウェーディングのベースキャンプとして有効だと考えましたが、やはりピトンそのものが重いこと、砂浜ではかなり深めに撃ち込まないとならないことが難点で、ちょっと再考が必要ですな。
ウェーディング装備について、私にいいアイデアがあるのですが、どこかのメーカーさん、声かけてくれないですかね・・・

意外と水温は高かった


スナップに水温計を取り付けてキャスト、約30m沖の底付近の水温を計ってみましたが、13度。いつもの浜では3月初頭に最も水温が低い時期を迎えるはずで、まだまだ暖かい水温だといえそうです。過去の寒中捜査では9度の時にもシーバスを釣っており、充分チャンスはありそうです。

その後ももう一匹!といろいろルアーを変えて探りましたが、あたりがあったのみでヒットには至らず。風が強くなってきたので、早々に撤収しました。


釣りにくい状況でしたが、いい流れが出ており、時折浅場でボラらしき魚のもじりも見え、無事魚をキャッチすることもでき、この時期でも釣れると確信を得ることができました。また、冬装備のチェックもでき、今回の釣行の目的を果たせました。


大自然よ今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:Shimano/Exsence S900ML/RS Flex Performance
リール:Shimano/ '13ExsenceLBC3000HGM
ライン: よつあみ/G-SoulX8 UpgradePE#1.2
リーダー:Kureha/SEAGUR GRANDMAX 25Lb 



【ヒットルアー】


0 件のコメント:

コメントを投稿