2013年12月3日火曜日

タックルについて シマノリールあれこれ着せ替え

普段メインで使用しているリールはExsenceLB C3000HGM。つい先日、メーカーメンテナンスから退院したばかりですが、即、再入院となりました。


退院後初の魚釣りで、おおきな魚を掛けたら、レバーONのはずなのに軽く逆回転してしまう症状が出たためです。要は、レバーONがストッパーになっていない状態に。これでは、危なくて使えません。

修理は大変時間がかかるので、またしばらくの間はBB-XテクニウムC3000DHG (もったいなくてあまり使ってない)か、ExsenceLBSS C3000HGM(ゴリ感大きく引退中)か、どちらかを使い続けねばなりません。



ExsenceLBC3000HGMといえば、マグナムライトローター+大径ローラークラッチ+X-SHIP搭載で最近モデルチェンジされましたが、新型は、ボディ形状に目をやれば、イマイチLBSSとの違いがわかりにくい。

そこで、お金がないので新型を買えない私は、LBSSにあれこれパーツを付け替えて、新型所有ごっこです。


LBSSのボディにBB-Xハイパーフォースのスプール、デスピナのハンドル、ステラのハンドルノブ(4000サイズ用)を装着。これはこれでなかなか似合っています。純正より大型T字のハンドルにしたせいか、巻きごこちも多少よくなった気がするプラシーボ効果・・・


LBSSにハンドル・ハンドルノブのみ付け替えたもの。アルミボディだからか、LBSSは270グラムと少し重めですが、より手元に重心を持ってこれるため、写真のようなスローテーパーのロッド(FlexPerformance)や自重重めのロッド(旧AR-Cなど)との相性はいいようです。こいつは装着パーツがあれこれ違うだけで、中身はデスピナのHGモデルと同じですな。

こうやってじっくり見ると、新型リールを手に入れた気分になってきます。そういえばこの組み合わせ、雑誌で某シマノインストラクター氏がやっていたような気がする・・・
ところで、BB-Xハイパーフォースのスプールは、写真のとおり、アクセントカラーの赤も少し入っており、装着することでリールの印象はがらっと変わりますが、FireBloodスプールほど高価でもなく、軽量AR-Cスプールなのに比較的値段が安いので、予備スプールを狙うなら大変お買い得だと思います。

BB-XテクニウムC3000DHG。普段はExsenceのハンドルノブと夢屋のストレートレバー、後、わかりにくいですが、ExsenceのDLCコーティングされたラインローラーを装着して使っています。テクニウムの残念なところは、ハンドル軸が他機種と互換性ないところ。エクスセンスLBやLBSSはツインパワーシリーズと互換性ありますが、こいつはステラのハンドルなどと互換なんでしょうか?パーツ代も高いので、予備ハンドル購入はまず無理です・・・
あと、このスプールは漆黒ボディのエクスセンスに装着しても似合わないです。

テクニウムにハイパーフォースのスプールを装着。テクニウムはもともとシルバーベースのカラーだからか、この記事でもやっていますが、どのようなスプール、パーツをつけてもそれなりに似合います。



これはSSではないExsenceLBC3000HGMに、夢屋パワーハンドルとBB-Xハイパーフォースのスプールを装着したもの。実戦でも使っていますが、ExsenceLBの純正スプールと同様、AR-Cライトスプールでバランスは損ないません。


新型所有ごっこは思ったより楽しい。







0 件のコメント:

コメントを投稿