2012年12月4日火曜日

晩秋から初冬の猪名川偵察

果たしてシーバスがどこまで猪名川を遡上するのか、この目で確かめるべく、夕暮れ時の猪名川を偵察してみました。

伊丹のダイヤモンドシティの近所です。

こんな美しい風景の川辺でシーバスが釣れれば、言うことありませんが、残念ながら途中にいくつも浅瀬や堰があるので、夏場の増水でもなければ果たしてここまで遡上するかどうかはわかりません。


地形変化にも富み、理想的なシャローです。


こんなポイントでつれたらたのしいでしょう。
しかし、居るかどうかは釣ってみなければわからない。


もう今年はチャンスがなさそうなので、実際の調査は来年初夏くらいからかな・・・


というわけで、(何の脈絡もありませんが)、もう12月になりましたので、今年セアカゴケグモ大量発生で話題となったいつもの定番ポイントへ。

上の写真よりもだいぶんと下流です。

いつの間にか買ってしまったExsence LB C3000HGM (SSではない)に、愛竿Exsence S900ML/RS FlexPerformance、パワープロの先にはサイレントアサシン99F/AR-Cというシマノセットでお試し偵察してみましたが、ボラすれあたりのみ。
その他、持っているありったけの河川向けルアーを20種類近く投げて見ましたが、数時間粘ってノーフィッシュ。

この時期、どうもシーバスはお留守のようです。


もうしばらく待ってみるっぺ。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/Exsence S900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/'10ExsenceLB C3000HGM
ライン:シマノ/パワープロ 0.8号

0 件のコメント:

コメントを投稿