2012年3月11日日曜日

3/11 猪名川釣行記(またまたつれました)

3/10深夜から3/11にかけて、またいつもの猪名川ポイントにいってきました。

達人っぽい先行者の方にご挨拶して、いつもの定位置より少し下流に陣取ります。

気温も低く、いい流れが出てきたとおもったらすぐ消えて、今日は微妙な潮でした。

干潮潮どまりでヒット


しばらくつりをしていると、流れが消えて川が鏡面仕上げになってしまい、とてもつれそうにない状態でしたが、完全に干潮かと思った2時過ぎに、待望のヒット!



しかし、足元まで寄せてからすっぽ抜けてしまいます。

ヒットルアーのヨレヨレの針にはキチンとスズキのウロコが。

これで、俄然やる気を出してしまいます。

そして粘ること数分・・・非常に小さいアタリでしたが、きました。

大物のような面構えですが、ヨレヨレとのサイズ比較で大きさがわかってしまいます。
明らかに60センチはなさそうなおチビさんだったので、計測用メジャーもだしませんでした。

このあと、写真のヨレヨレさんは殉職してしまいます。
このところ、1釣行につき1匹ずつ、ヨレヨレをロストしています。環境破壊、面目ない・・・ 

この日この日につれた魚に比べて明らかにちっさい。
猪名川ではこんなちびっこは珍しい。
しかし、ぎんぴかのコンディションの良い魚で、
アタリはちっさいですが、元気にファイトしてくれました。
釣れてくれてありがとう。

驚いたのは、流れが効いていないときでもちゃんと食ってきてくれる魚がいたことです。

直後に、ボラ2連発。一匹目はなぜかヨレヨレのフックを咥えてあがってきました。

その後、近くにおられた釣り人と少し雑談した後、ヒットルアーを根がかりでロスト。

再びヒットするも


リーダーのサルカン結束部が切れてしまいましたが、今日はなぜかつれそうな気がしたので、結びなおしてつりを再開します。

流れもない中、スローにヨレヨレを引いて探っていると、時間をおいてまたあたりがありました。

最近、ボラをあまりにもつりすぎたので、フッキング直後の動きで、ボラかシーバスかおおよそ見分けがつきます。

こいつはさっきより少し大きそう。目の前の斜面の草むらをよけるため、竿を立てるとエラ洗いを連発します。

何とか岸際に寄せ、いざ抜きあげってところで、護岸の斜面上にボタリと落としてしまい、魚はコロコロボッチャンと、水中にお帰りになられました。

こいつは明らかにスズキさんでしたが、エラあらいを連発されて、針穴が広がっていたのでしょうか?うーん、残念。

しかし、今日はチビですが1匹水揚げできたので、よしとしましょう。

大自然よ今日もありがとう。




【本日のタックル】

ロッド:Shimano/Exsence Tuned AR-C S902ML/AR-C
リール:Shimano/ExcenseLBSS C3000HGM
ライン:Rapala/RAPINOVA-X #0.8
リーダー:Laiglon/SALT WATER 20Lb
ルアー:ima/komomo SF110、shimano/SilentAssasin99F AR-C・Trident90、邪道/ヨレヨレ(複数カラー使用)、スカジットデザインズ/スライドベイトヘビーワン、DUO/マニックフィッシュ

【本日の釣果】

シーバス×1、バラシ×2、ボラ数匹、地球×1

0 件のコメント:

コメントを投稿