2015年5月28日木曜日

5/24 西宮釣行記(激濁り)

前の記事にある通り、23日早朝まで釣りをしていたにも関わらず、数時間後にはまた子供のスケボー※遊びに付き合って、いつもの浜の対岸にきてしまいました。

※正確にいうと、スケボーではなくリップスティック デラックスミニ です。色と在庫状況によるようですが、私が買ったときは、某おもちゃ量販店の価格に対してぶっちぎりの差で、Amazonが最安でした。


なんと、はじめて知りましたが、対岸は日曜祝日は路上駐車OKなんですな。
決して自宅から近くはないいつもの浜で、これまで長きにわたり払ってきた駐車料金を考えると、複雑な心境です。


それはさておき、またまた中途半端ですが、海に来たからにはついでに釣りもしてみようと、ちょこっと投げてみました。


いつもの浜の対岸は結構水深があるようで、かつ当日は十円玉の色かと思うくらい赤茶色の劇濁り。これではどこにルアーがあるか見えないだろうと、ショアスロー用のメタルジグ20グラムに始まって、ブルーブルーのシーライドコアマンIP18とキラキラのメタル系を投げてみました。


途中、ルアーそばの水面ががぽんと盛り上がり、魚のアタックか?と期待させられましたが、その後は何ら反応が得られず、まただだっ広い場所なので、もちろん流れの変化やきになるスポットは探ってみましたが、いまいち狙いどころがわかりません。


まあ、ついでにちょこっと投げてるだけなので仕方ないですが、それにしても今日の濁りはひどい。


何年もこの浜をみてますが、こんなひどい濁りは初めてです。


赤潮か?とも思えますが、世によく知られた例の赤潮ともちょっと違う様子です。


対岸のいつもの浜側にもわたってみましたが、同じくシャローでも底が見えないくらいの濁りでした。


こんな状況じゃあ魚も釣れないだろうと思いながら、帰る前にちょこっとだけ、西側で投げたところ、ちょっとした反応がえられたので、しばらく粘ってみると・・・


ばばん、でました。
サイズはいまいちですが、初夏らしい元気なファイトを見せてくれました。


ヒットルアーは邪道冷音14g。ゴロタ交じりのシャローでも根がかりなく引けるよう、フックをカツイチのY-W77、フロント#8、リア#6に交換したものです。


このフックではまだ3ヒット1キャッチで、母数が少ないためキャッチ率の良しあしはわかりませんが、これだけ大きくネムリ形状のフックでも充分フッキングできることがわかりました。


今までは根がかりは仕方ないとあきらめて、できるだけフックを伸ばしてルアー回収できるよう、細軸のがまかつRB-Mを使ってきましたが、このY-W77、しばらく使ってみる価値大いにありそうです。


今年のバチシーズンは不調に終わり(まだ終わってないかな?)ましたが、小さいながらもなんだかんだと魚に遊んでもらえているので、ありがたいことです。


大自然よ今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/ワールドシャウラ2832-RS2
リール:シマノ/'09BB-XテクニウムMg C3000DHG
ライン:DUEL/ArmoredF+ 1.0号

【ヒットルアー】




0 件のコメント:

コメントを投稿