2011年11月27日日曜日

装備品について シマノ ライトプライヤーRH CT-072J

いまメインで使用しているのは、ラパラのスチール製プライヤー

使い勝手はよかったのですが、もう8年ほど使っているので、開きも悪くなってきたし、ラインカットも苦しい、そろそろプライヤーを買い換えようかと考えていますが、なかなか購入までいたりません。

でも、今年の春に、予備用のプライヤーとして、こいつを買ってしまいました。
シマノのライトプライヤーRH CT-072J


軽くてコンパクト。ラインカッターはナイロン用だとカタログではいってるけど、PEでも切れてます。

支点からノーズ先端までの距離が短くて、先端が細い分、スプリットリングオープナーとしての使い勝手もよいです。

また、付属の専用シースケースが、男心をくすぐります。 と、いいことばかりのようですが、ひとつ困ったことが・・・

先日の釣行で、魚とのファイト中に、ばねをどっかに吹き飛ばしてなくしてしまいました。

ばねがなければ、ハサミのように閉じっぱなし。しかも、専用ケースに収めても、ノーズが閉じたままだとスカスカで、収まりが悪く、落っことしてしまいそうです。

もうひとつ買うのももったいないので、ホースセンターにちょうどよいばねがないかと探しましたが、結局見つからず、しゃーないなとあきらめかけていましたが・・・


突然、ひらめきました。そうだ!スピナーベイトのフレームを使えば、ちょうどいいのでは?!



やってみたら、想像通り、なくしたばねの替わりができました。

ちょっと開きが少ないけど、これで、快適に使えそうです。

ばねをなくした方は、ぜひお試しあれ。






0 件のコメント:

コメントを投稿