2011年9月2日金曜日

むかしの猪名川釣行記

今日明日は台風のせいで釣りにいけそうにありませんで、ストレスがたまるので、昔の携帯のメモリをあれこれ探してみると、数年前、猪名川シーバス釣りにはまっていたころの写真が出てきました。

しかたないので思い出に浸って脳内フィッシング。


冬場の寒い時期(1月-2月下旬)に猪名川と藻川の合流付近で、いつも東岸からねらうのですが、ここでつれるやつはそこそこのサイズが多いです(写真はちっさいのもありますが・・・)。



これは、がりがりくん。



尻尾から出血!若いのに気の毒・・・


私自身は自己ベストがまだ80センチに若干到達していないのですが、ここではすぐそばでつってた人が80センチオーバーの大物を釣って、タモいれをてつだったり、写真撮りを頼まれたりしたことが何回かあります。


すぐ側でそんな大物をたびたび釣られて、自分につれないのがとほほですが、とにかくアツい場所なのは間違いない。


しかし・・・ここ数年、猪名川藻川の合流点少し上流にかかる橋のリニューアル工事がおわってから、なぜかぱったり釣れなくなってしまいました。去年なんぞ、ついにシーズン(冬)中、ボラしかつれなかったと記憶しています。それで、今年は1、2回偵察にいって、巨大ボラを釣ったきりで、シーズンを終えてしまいました。



オゲェー



これはそこそこ。
横のリールは3世代前のツインパワー3000PG。
非常に重かった(370グラム)←リールの話。




こいつはでかかった(多分)。また釣りたい!


来年初になったら、また偵察に行こうかと思いますが、この写真のころのような大漁はもうないのかなぁと思うと、さびしいです。新品コンクリートのにおいが嫌いなのか、きみたちは。いったい何が悪いのか・・・・・ウデ?




こいつは体長は長かったけど、かなり目に気の毒な状態・・・釣ってしまってごめんなさい。ナンマンダブ。



0 件のコメント:

コメントを投稿