2011年9月21日水曜日

むかしの明石川釣行記



しばらく行ってないですが、たまに明石に立ち寄ることがあります。

そして、立ち寄った時には、ついでに必ず近辺の海を偵察してきます。

これも去年(一昨年かも?)の晩夏、古い釣果ですが、明石川の河口に、ちょっくら立ち寄って釣れてしまった一匹です。

サイズはいまいちですが、初めての場所で、狙ってつれたものなので、結構記憶に残っています。



今週も台風のせいで釣りにいけなさそうなので、再び昔の記憶で脳内フィッシング。

ヒットルアーは邪道/ヨレヨレのイワシカラー

ベイトの姿は直接は見えませんでしたが、確実にその存在を感じさせるモジリがところどころに見え、河口なのに結構水深がありそうで、多分潮汐如何なのでしょうが、流れも結構あって、そのときたまたま訪れた初めての場所ですが、「こりゃ釣れそう!」と一目ぼれした場所です。

まさに川の流れが海に注ぎ込まんとするその流れにルアーを漂わせて、きっと、流れと流れの境みたいなところがあったのでしょう、少し抵抗が大きくなったところを引いていると、がつん!と喰ってきました。

使っていた竿がパワーのあるGame ARーCだったので、取り込みは余裕でしたが、結構引きが強くて「さすがは明石の魚!」って思ったのをよく覚えています。

今年はまだ明石川にはいっていませんが、また機会があれば、最近のお気に入りのタックル、ルアーを持っていって試してみたいところです。


0 件のコメント:

コメントを投稿