2011年12月25日日曜日

12/24 西宮釣行記

24日、といっても、23日の25時ごろからですが、またいつもの場所にきてしまいました。

前回が今年最後のウェーディングと思っていましたが、やはりいつもの浜ででっかいのを釣って今年を締めくくりたいと思い、寒波の中出撃です。

開始早々2投目で、ぐぐぐっ!軍手がつれてしまいました。ズコッ。


このあと、地球もつってしまい、引張りっこでリーダー先端が切れてしまい、着任わずか1ヶ月たらずでコモモ殉職。

風はなくてつりやすいですが、魚の気配もありません。それでも、数時間粘っていると、流れが出てきて、雰囲気がよくなってきて、サヨリが1匹ルアーにくっついてきました。

その直後、午前4時ごろ、1回、スズキらしいあたりがありました。



俄然やる気が出てきて、あたりがあったエバーグリーンのアベンジャー125をひたすら投げ続けます。

すると、サンドバー東側沖で、ぐぐぐっと大物のあたり。竿が弓なりにしなります。とおもったら、数秒後、ぶちっと糸が切れてしまいました。今度はリーダーのルアー側結束部分のようです。寒さのせいで、締め込みがよくなかったのでしょうか・・・

お魚さんごめんなさい、アベンジャーが無事取れてくれることを祈ります。

これで、久しぶりに復職したばかりのアベンジャーも殉職・・・今日は2名殉職で、釣果ゼロ。

しかし、今日は以下のような発見がありました。

・12月のこの時期でも、まだ少ないものの(多分)スズキが釣れる可能性がある(今年だけ?)。
・ディアルーナのS809LSTでも、125mmクラスのミノーを充分投げられる。
・PEとリーダーの結束はうまくできているが、リーダーとサルカン間結束を見直すべし。


本日のルアー。珍しくエバグリのアベンジャーやREEDラブラ125、
邪道ヨレヨレなど出撃しました。本日は2名殉職。

うーん、年内もう一回は行っておきたい・・・・

【本日のタックル】

ロッド:シマノ/ディアルーナ S809LST
リール:シマノ/ツインパワーC3000S
ライン:シマノ/パワープロ ホワイト 0.8号

0 件のコメント:

コメントを投稿