2017年3月12日日曜日

暖かな春の日差し、須磨浦山上遊園に遊びに行ってきました

日差しもいよいよ春めいてきた3月12日、家族で須磨浦山上遊園(http://www.sumaura-yuen.jp/)にやってきました。

小学生のころに須磨海釣り公園に来たことはありますが、山上遊園は初めてです。

駐車場は24h営業、土日祝は最初の1時間まで400円、その後1時間ごとに200円課金です。
土日祝と花見の繁忙期は料金上限枠がないそうです。

駐車場に車を止めて、ロープウエー乗り場にやってくると、どうやら施設全体を回れる往復券付きのAコースと、途中の展望台までのBコース、2種類の料金があるようです。

ちびっこ広場などでも遊ぶ目的のため、迷わずAコースを選択。

大人料金1800円、子供1350円と結構なお値段ですが、ロープウエー、カーレーター、リフトと3種類の乗り物の往復料金が込みだと考えると、まあリーズナブルかと思います。
足腰に自信があれば、どうやら乗り物に乗らずに全行程を徒歩で行くことも可能なようです。
ロープウェー乗り場。15分にい回くらいの頻度で発車するようです。
日曜日の11時前に乗りましたが、結構満員でした。

ロープウェー車内から須磨海釣り公園方向の眺望。

ロープウェーを降りて、お次は「カーレーター」にのります。
日本で唯一の乗り物らしいです。ちなみに、カー+エスカレーターの造語だそうです。

結構な斜面を登っていきます。乗り心地の悪さが自慢だとか。

カーレーターを降りたら、展望台があります。この展望台3階にちょっとした軽食がある喫茶店がありました。
ピラフやドライカレー、カルボナーラやミートソースが600円~700円、あとピザやフランクフルト、パンセットなどがありました。この喫茶店、入ってみると床全体がぐるぐる回転していて、座っていると窓の外の景色が変わっていくのが面白かったです。
食事の後でリフトに乗りました。目指すは山上の遊び場所、ちびっこ広場です。
このリフト、なかなか距離が長くて楽しい。

眺めも良く、今日は暖かかったので、気持ちよかった。

リフトの真下はガードがついていますが、そのさらに下は結構深い谷。なかなかスリルあります。

リフトを降りると、ミニカーランドやサイクルモノレールがあるハマナス園。

私もサイクルモノレール、乗ってみました。足こぎのモノレールですね。
一人200円ですが、結構高さがあるのと、景色が開けて見えるのでまあまあ楽しめました。

子供たちはコレがえらく気に入ったようで、2周分乗ってました。

コースはこんな感じで、海側から山側にかけてぐるり一周します。

お次はちょっと歩いてちびっこ広場へ。吊り橋遊具などがありました。

ちびっこ広場を少し下って、噴水ランド。ここはバーベキュー場(前日までに要予約)がありましたが、今日はバーベキューしている人は見かけませんでした。
噴水ランドに興味深い建造物が。パラボラベンチというそうです。

この説明を見て、なぜだか子供のころの中学入試を思い出してしまいました(笑)。

他にも、離れたところと間近にいるように会話できる「でんごんパイプ」など、こまごました遊び道具がありました。
今年の2月にブラタモリで放映されたので、随所にビラが。
今日はブラタモリ効果で人が多かったのでしょうか?
ところで、タモリの絵、微妙・・・(笑)

帰りにちょっと寄り道して、釣り人としては非常に気になる須磨海釣り公園の入り口近くまで散歩しました。
さすがに入園料払う気はないので、脇の海岸を散策。

歩いて渡れる堤防を発見したので、堤防上に乗って海を偵察。と、長さ約15センチほどの銀色に輝く生き物を発見。きびなごの死体ようにも見えますが、全身銀色です。もしかしてタチウオの幼魚?!
正体を確かめたくて、わざわざ長い棒を拾ってきてつついてみたところ、海中深くに沈んで行ってしまいました。生きてたのか?!なぞは深まるばかり。


全部回ってだいたい3時間くらいでしょうか。

須磨浦山上遊園、子供たちは案外楽しんでくれたようで、よかったです。

まあ、激しいアトラクションや乗り物はありませんでしたが、暖かい春の日に家族みんなでハイキング気分、のんびり楽しい時を過ごすことができました。



0 件のコメント:

コメントを投稿