2017年9月14日木曜日

秋の入り口、デイゲームでいつもの浜釣査!

9/13、休みが取れたのでまたまたいつもの浜にやってキマシタ。

残念ながら今日は夕マヅメには殆ど潮が動かないので、6:40頃迎えた干潮からの小潮の上げを狙うデイゲームです。

果たして海の状況や如何に?


7時ごろポイントに到着すると、水がほとんど動いていなくてどよーんとした雰囲気。

ベイトの姿は殆ど見当たりません。

また、水色は予想に反して非常にクリア。

どうも釣れる雰囲気はありませんね~。

到着直後はこんな感じ。鏡面仕上げでダメそうでしょう~。


しかし、これからの上げで水が動いて、南からの風で濁りが入る可能性もなきにしもあらずなので、暫く様子見でルアーを投げます。




夏パターンからシフトか?


実はこの時期のデイゲーム、意外と釣り方がむつかしいように感じています。


日中も激しく濁りが入っていた夏場なら、デイゲーム=テッパンくらいの勢いで、テキトーに鉄板バイブレーションを投げていれば、濁りによって警戒心の薄れた魚の側線をテッパンが激しく刺激して、比較的イージーに釣れるケースも多いのですが、今日のように水がクリアでかつ光量が多い場合、必ずしもそう簡単にはいきません。


これから徐々にこんな日が多くなってくるのでしょうが、こんな時は往々にしてシーバスもレンジが下がり、狙い方もちょっと変わってくるように思います。


というわけで、今日も主軸ルアーはいつものアーマードバイブ55なのですが、クリアな水色と光量に合わせて、KBIW(ケイムラブルーイワシ)カラーをチョイス。


こんなカラーです。


下がった潮位とクリアな水質、午前中とはいえ多すぎる光量から、おそらくシャローレンジにまで出きらないシーバスは、ブレイク沖の比較的ディープゾーンにとどまってウロウロしているはず。


よって、今日はいつもより沖目までウェーディングして、ブレイク沖の深いエリアを狙います。


予想外のヒット!?


開始して暫くは、流れもなく釣れなさそうな雰囲気の中、黙々と単純作業のようにルアーを投げ続けて探ります。


約1時間半ほど経過し、いろいろルアーをローテーションして再びアーマードバイブ55のKBIWカラーで探っていたところ、リフト&フォールのリフト時にガツンとアタリが!


かなり重たい引きでぐいぐいとロッドを曲げます。


どよ~んと淀んだ雰囲気の中、速めのテンポのリフト時にヒットして、更にエラく引くので、こりゃきっと巨大なボラやんのスレ掛かりに違いないと思って、外れてくれ~と思いながら適当ファイトしていたところ、なんと目の前15メートル付近に来たところで急に魚がエラ洗い!


ちょうど魚の口がこちらを向いた状態で水面上に躍り出たその姿は、まぎれもなく鈴木さん!しかもかな~りデカい!


と思った瞬間、ふっとラインテンションが抜けてしまいました。


あら~もったいない!追いアワセ入れてれば良かった!


獲れてれば確実に今年一番になりそうなくらいいいサイズでしたが、残念無念、ジャンプ一発でバレてしまいました。

ヒット直後の海。多少水に動きはあるものの、流れも風もほとんど出てなくて、コリャ油断しますわな~。



ファイトで荒れたであろう場所を休ませるために遅めの朝食を浜辺でとったのち、再度シーバスが来てくれないかとしつこく深場を探りましたが、その後2度目のバイトはありませんでした。


結局4時間ほど粘ってまたもやミニレ(ミニキビレ)が2匹釣れたのみ。

もちろんミノーも投げました。写真はコスケさん85。

ミニすぎるキビレ。

一瞬濁りが入ったので、レッドヘッドなども投げてみましたが、すぐに元のクリアな水に戻ってしまいました。


んん~残念。


しかし、今日はダメっぽい雰囲気の中、あれこれ考えて大物と(ちょっとだけ)やり取りできたので、まあ勉強になりました。


今日は気温も高く日差しも暑かったですが、海の様子を見ていると、なんとなくそろそろ、朝夕のマズメ時やナイトゲーム中心の釣りにシフトしていく時期っぽいですね。


今度来る時はナイトになるかもしれませんが、また近々今日のリベンジ釣査に来ようと思います。


大自然よ、今日もありがとう。




0 件のコメント:

コメントを投稿