2017年2月16日木曜日

いよいよ販売開始!シャロー限定2017年大注目の新作シーバスルアー5選

フィッシングショーも一段落し、釣り具メーカー各社も今年の新製品が出揃い、新作ルアーもちらほら販売されだしました。

そんな中、今年大注目のルアー(といっても、私が勝手に大注目しているだけ)をご紹介します。

私が行く釣り場はシャローオンリーなので、おのずから登場するルアーはシャロー限定になってしまいますが、あしからず。


シマノ エクスセンス ボラコ80F XAR-C



全長:80mm 重量:12g 潜航深度:10~20cm。

シマノHPにスイム動画もありましたが、ちょっと頭下がりで思ったよりも普通な感じの泳ぎでした。


シルエットは違いますが、動きはなんとなく、ノースクラフトのBMCダイワのソラリア85Fを連想させます。

とはいえ、いつもの浜や夏場の猪名川中流では最大20センチという潜航深度は大きな武器。

きっと、定価からちょっとでも値下がったらすぐ買っちゃうことでしょう。

今日時点では、amazonとYahooショッピングで発売されている模様。納期が先日付となっているので、先行予約販売的な形でしょうか。

ボラコノのインプレ記事はコチラ

ダイワ モアザン スイッチヒッター105F





全長 : 105mm 重量 : 19g レンジ : 0~約50cmで、アクションはS字ワイド不規則スラローム。飛距離最大74.5m、平均 72.1mなんて書いてありました。

驚きなのは、シンキングの85Sより飛距離が出るのですね。

このルアーはまだスイム動画など見つけられていませんが、これまで何度か魚を連れてきてくれたスイッチヒッターSのフローティング版だということで、個人的に非常に期待しています。

きっとこれも、買ってしまうんだろうな・・・


スイッチヒッター105Fのインプレ記事はコチラ

シマノ エクスセンス Coo130





全長:130mm 重量:15g 潜航深度:10~30cm。
昨年話題になったCooのサイズアップ版です。

Coo100や70の飛距離はそれほど出ないですが、雑誌などによると130は飛ぶそうです。

個人的には、Cooの100サイズが出た時から、タックルハウスのK2Rに見えて仕方なかったのですが、100、130ともサイズ、ボリューム感が違うので、カブることはなさそうです。

130サイズで細身となると、私の苦手なサヨリパターン攻略に良さそうだと、今から期待してしまいます。

これも、なんだかんだ言って年内には買ってしまいそうです・・・

Coo130Fのインプレ記事はコチラ


ダイワ モアザン スライ




全長:95mm 重量:6.8g 潜航深度:水面~水面直下とのこと。
すでに釣具屋で実物を見ましたが、実重量より重く感じました。

ウェイトはちょっと竿を選びそうですが、意外と飛ぶタイプかもしれません。

アクションンはV字波紋&超タイトウォブンロールらしいですが、スイム動画を見る限りほとんど動いていないように見えます。

個人的には、沈まない邪道Envy95のイメージ?

これも、春のバチ抜け用に買ってしまいそうです。


モアザン スライ95Fのインプレ記事はコチラ

ダイワ ソラリア70F




全長 : 70mm 重量 : 8.4g レンジ : 0~50cmで、スローピッチウォブンロール。飛距離最大50m、平均 49.6mと書いてありました。

ソラリア85Fは持っていて、実は一度もこれで魚を釣ったことはないのですが、飛距離も出るし、フローティングながらゆっくり浅いレンジを引いてこれるし、他のルアーとは違う動き(それを、スローピッチと表現しているのでしょうか?)をするため、タックルボックスに1本常に入れていると、なぜか不思議な安心感があります。

そのダウンサイジング版ということで、春先のバチ・マイクロベイト混成の微妙な時期やエビカニ系の釣りでも使えるんじゃないかと、これも購入候補の一つです。




と、今年のトレンド(単にマイブームですが)を見ると、フローティングペンシルというかシャッドというか、既存のシーバスルアーのカテゴリ枠から多少はみ出た個性あるモデルが多いような気がします。


私自身、リップ付きミノー、リップレスミノー、シンキングペンシルの類はもう充分持っているので、似たような新製品が出てもそうそう食指は動きませんが、上記のような目新しいルアーを見せられると、ついつい釣られてしまいますね。



0 件のコメント:

コメントを投稿