2017年2月18日土曜日

春一番!今日は釣れないわけがない!しつこくいつもの浜ウェーディングでバチ抜け調査

東日本、西日本の各地で春一番が観測され、全国的に気温も高くなった17日、大阪は朝からかなり本格的な雨でしたが、ここ2-3日の上がり調子の気温に、今日はチャンスではないかと、いてもたってもいられなくなってしまいました。

中潮下げを狙う


今夜は中潮から小潮にかけての潮回り。

経験上、この時期は気温次第で上げ潮シャローでの実績も多いので、上げの時間帯にいつもの浜のシャローを狙うか、それとも下げの時間の猪名川に行くか、否、やはり下げの時間でいつもの浜にすべきか?と迷います。


結局、上げの時間帯は家族で外食に行くことになってしまいましたので、子供が寝てから、満潮から下げの時間帯を狙って、またまたしつこくいつもの浜に調査に行ってきました。


なぜか先々週より水はクリア。夜光虫も発生していません。


ただ、やはりここ数日の気温につられて水温も上昇したのか、入水してもさほど冷たさは感じません。


海の様子を観察していると、適度に風もあり、素晴らしい流れの筋が現れ、時折形を変化させています。


干満の潮位差は少なめですが、これは運が良ければだらだらと長時間釣れ続く潮になる可能性もあります。


やはり今日は出撃して正解だったと考えながら、小移動しつつ、マニック、Envyトライデントレビンライト・・・と、シンペンで上から順番に探って行きます。


4回ほどあたりらしきものはありましたが、どれも抑え込むような感触で、うまく乗せられません。


1度明らかにシーバスと思われる掛けバラシがあったため、絶対に魚は居るはず・・・と休憩なしに粘ること2時間半、ようやくヒットに持ち込めました。

ボラかと思いきや、大物シーバスだった


しかし、何やら怪しい重たいヒキ。

ワールドシャウラ2832-RS2が大きくしなり、魚は沖めがけてぐんぐん潜っていきます。

こりゃもしかしたらボラかもと思いつつも、多少ゴロタ岩のあるところだったため、慎重に時間を掛けてファイトして、上がってきたのは・・・・


ばばばばばばばばばばばばばばばばばん!ギリですが70オーバー!かなりやせ細っています。アフターの魚でしょう。


これはうれしい!思ったより痩せていますが、こういう魚を狙ってたのです!


体色が白っぽい印象だったので、深場からこの浜に戻ってきてまだ日が浅い魚なのかもしれません。しかし、頭だけ見れば80あってもおかしくなさそうないかつい面構えの魚でした。


ヒットルアーは「バチ抜け?ボラ?マイクロベイト?2月厳冬期から早春にかけてのシャローシーバス実績ルアー8選」で紹介した、スイッチヒッター65Sでした。


あたりの出方は魚を食ってるあたりぽくはなかったので、やはりバチを意識した魚かなと想像してますが、昨年のこの時期ウェーディングでも、同じカラーのスイッチヒッター85Sがヒットルアーだったので、このルアーの動きがこの時期の何かにマッチしているのかもしれません。


ちなみに、昨年同様、掛かっていたのはテールフック(がまかつRB-M)一本でした。あぶないあぶない。

本日使用したルアーたち。Envyエスクリムシャローでも反応が得られました。


丁寧に蘇生して、鈴木さんが無事泳ぎ去るのを見届けた後、まだまだ良い流れは出ていましたが、この一本で満足して帰途につくことに。


粘った甲斐がありました。大自然よ、今日もありがとう。

【タックルデータ】

ロッド:シマノ/ワールドシャウラ2832-RS2
リール:シマノ/'13ExsenceLB C3000HGM


ライン:よつあみ/G-SoulX8 UpgradePE 1.2号

【本日のヒットルアー】




0 件のコメント:

コメントを投稿