2017年10月31日火曜日

コレがアーダ零の実力か?!跳ね橋で撃沈ののちいつもの浜でオカッパリに挑戦!

10月28日、台風前だというのにまたまた懲りずにいつもの浜に来てしまいました。

この日は7:09に干潮、潮位66㎝から、16:07に満潮、潮位132㎝、日に干潮満潮がそれぞれ1回しかない小潮の潮回り。雨の中、夕マズメ後の時間帯を攻めてみます。


ポリシーを捨てて10月最後の戦いに挑む


ワタクシはウェーディングが大好きなので、普段なら迷わずいつものウェーディングポイントに向かうところですが、なんと10月はハイシーズンにもかかわらず一匹も魚を釣ってない!ということで、この日は宗旨替え、一か所でひたすら待ちの釣りになるウェーディングを捨てて、オカッパリで狙ってみることにしました。


ということで、向かってみたのは西宮の超有名ポイント、跳ね橋。




実は前の週にここを訪れ、開始1時間で高級ルアー2つをルアーホイホイ(金網)に取られてしまい無念の敗退をきたしたのですが、その時、この地に通う名人?に手ほどきを受けたので、雨だしもしかしたら釣れるかも!と期待して向かった次第。


しかし、この雨の中でもなんと南西、南東の釣り座には既に釣り人の姿が!
 

あらら~、仕方ないので、南西角に立ってルアーをキャストしてみます。


流れは明らかにコチラが下流。ということは、シーバスの頭の向きを考えると、明らかに不利なポジション。


コリャだめだよね~と思いつつも投げること3投目、「カーン」という音とともに、またしてもルアーホイホイにルアーを取られてしまいました(泣)


これにてDUELハードコアミノー130Fが殉職・・・またしても無念の敗退です・・・



このままでは終わらない


やはり跳ね橋はワタクシには難しい・・・

大体、普段ウェーディングしかしてないので、着水点のコントロールにはそれなりに自信があるものの、キャストの「弾道」については全く無頓着。

橋脚攻めなんかでもそうですが、低弾道で打ち込むようなキャストは全くもってできまへん。

ルアーホイホイにルアーを取られてばかりではお金がいくらあっても足りない!ということで、今度は浜の方を攻めてみることにしました。


せっかくウェーダーも履いているので浸かりたくてたまりませんが、今日はぐっとこらえてベイトを探してランガンするつもり。


水面を凝視しながら、雰囲気ある場所を撃っていきますが、途中で怪しげな波紋を発見。


周りに釣り人が居なかったこともあり、ポイントを潰す覚悟でライトを照らしてみると、見えました!明らかにいつものイナッコとは違う魚。


おそらく、カタクチイワシです。


群れというほど数は多くないようですが、コレが岸近くに寄ってうろうろしているなら、今日は期待できるかも!


ということで、サヨリパターン向けのルアーから一転、買ったばかりのアーダ零イノベーターを使ってみることにしました。


浜を西へ西へと移動しながら、流れの変化が出ているところやベイトの気配がするところを撃っていきます。


すると、予想通り?流れの変化でぐぐぐっといいアタリ!


ヒキからして間違いなくシーバスです!


ばばばばばん!バラしたくなかったので必死の超絶ごり巻きファイト、魚はまるで水上スキーのごとく水面を滑ってキマシタ(笑)


やりました!何とか今月もシーバスを釣ることができた!


やはりこの流れの中に魚は居たようです。こいつはウレシイ!


大物キターと思ったら・・・


しかし、この一匹だけではもしかしたら交通事故かもしれません。まぐれでないことを証明するために今日はもう一匹釣りたい!


ということで、リリースした後、更に西側の流れの筋を、同じくアーダ零で岸と斜めに撃って攻めてみます。


すると、またまたヒット!


愛竿FlexPerformanceが大きくしなります。


ゴボボッと重量感あるエラ洗いは先ほどの魚とは全くの別物!コレはかなりデカいぞ!


しかし、水際1メートルほどまで寄せてきたところで急に魚が反撃!


ありゃりゃ!すっぽ抜けてしまいました・・・


先月の猪名川の70アップより明らかにヒキは強かった。間違いなく大物のはずでしたが、こいつは残念~。





激しく引張っこしたので、ラインチェックして暫く場所を休めてから、再度仕切り直し。


少し西に移動して、先ほどと形を変えた流れの筋を狙っていると、またまたぐぐっとヒット!




やりました~。サイズはそれほどですが、今度は落ち着いて引張っこできたのでかなり目に満足です。


ふと気が付くと、魚とのファイトを見ていたのか、周囲を猫に包囲されてました(笑)




危なくネコにとびかかられるところでしたが、無事魚をリリースして、もう一匹獲りたいところ。


しかしアーダ零イノベーター、初登板なのにいい仕事してくれます。コリャ気に入りました。


小粒のわりに飛距離は出るタイプのルアーですが、今日は風向きも背中側からの追い風なので、さらにストレスなく遠投できます。


スローでもこぎみよい振動が竿先から伝わる引き心地で、泳いでくる様子を見ているとアーダ伝統?の千鳥アクションも健在のよう。どちらかというとタイト目キビキビとしたアクションですかね~。


今日はもうちょっとこのルアーで試してみようと、さきほどから時間の経過とともに少し沖目に遠ざかった流れの筋を遠投して探っていると、再度ぐぐっとアタリ!


また出ました!3匹目!今日はどうかしてるゼ。

今度はチョットサイズダウン。しかし、コレでハットトリック達成!もう満足です~。


ネコを追っ払いつつ、この魚をリリースしていたところ、東の方から歩いてくる人影が。


しかもいいサイズのシーバスをぶら下げられてマス。


ご挨拶すると、なんとワタクシのFacebookページのフォロワーさんであるK氏でした。どうもはじめまして~。


シーバスは60超えるいいサイズでしたが、つい今しがた釣られたそうです。


この魚をリリースした後は、しばし休憩してK氏と釣り談義。


なんとK氏、この後ワタクシとおしゃべりしながら片手間でもシーバスをキャッチされてました(笑)。すごいですね~。


ワタクシももうちょっと釣りがしたかったので、既に今日は自主規制の3匹を釣ってしまったにも拘わらずルアーを投げてみましたが、じきに雰囲気もなくなってきたので、この日はコレで納竿としました。


オカッパリの釣りはどうだったか?


今日は普段やらないオカッパリの釣りにトライしてみましたが、どうやらベイトも居て、流れもそこそこ効いていて、雨風のせいでプレッシャー低め、さらに運よく目を付けたところに魚が居て・・・と、好条件に恵まれていたようです。


いつもなら流れが出るまで、ベイトが現れるまで・・・と、結構砂浜に座って「待つ」ことが多いウェーディングの釣りばかりしてますが、たまにはこんな風にベイトや流れを求めて彷徨うのもいいもんですね~。


まあ、個人的にはやはり水に浸かって魚との距離も近く感じられるウェーディングの方が好みなんですが、今後はちょっとオカッパリも修行してみようと思いました。


なにより、これまであまり真剣に攻めたことのなかった浜のオープンエリアでも、条件がそろえば連発できることが分かったことは大きな収穫です。


月末ギリギリでヒヤヒヤもんでしたが、無事今月も魚を釣ることができて大満足。


また釣査に来たいと思います。


大自然よ、今日もありがとう。



【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/'13ExsenceLB C3000HGM
ライン:よつあみ/G-Soul X8 UpgradePE #1.0
リーダー:DUEL/ハードコア パワーリーダー カーボナイロン6号



この日大活躍してくれたのがこのあやめカラー。3匹ともコレです。グリ金って結構釣れそうなイメージありますね~
もう一本定番でもっておきたいのがこのカラー。
3本目を買うならイワシカラーも魅力的ですが、ちょい透け系のちぇりぶろも気になってマス。

0 件のコメント:

コメントを投稿