2018年7月13日金曜日

ルアーについて ロンジン レビンミニ のインプレ

今回ご紹介するルアーはロンジンの2018年春の新作、レビンミニです。


製品発表があった時、正直さほど期待はしていませんでしたが、実釣で使ってみるとコレがかなり目にイイルアーでした。


購入して間もなくの釣行でも短時間の間にシーバスを3匹も釣れてきてくれたので、個人的には既に大のお気に入りルアーです。

あまりに使い勝手がいいので早速2本買いました。



というわけで、インプレを書いてみました。





どんなルアー?



全長75mm、自重12gのシンキングペンシルです。


兄弟分のレビンをそのまま縮めたような外観は、一昔前のスライドベイトヘビーワン70を彷彿とさせますが、それと比べるとこのレビンミニは持った感じ比重も軽く、いかにもシャローでスローに使うルアーといった印象です。


持ってみた感じ、ネーミング的にはレビンミニというよりも、レビンライトミニ と言った方がしっくり来ますかね。


どんなルアーなのか、パッケージ裏面の説明文を引用してみましょう。


小粒ボディの操作性は、レビンシリーズ№1!

【飛び】小粒ボディからは想像できない圧巻の飛距離が広大なシャローエリアでは最大の武器となる。湾奥エリアなど小場所でのピン打ちなどのポイントで優れた性能を発揮します。

【泳ぎ】流れの中でも水面から飛び出さないレビンの粘り強さを、小粒サイズながらも完全継承、ベイトが小さい季節のシャローエリアで抜群の威力を発揮。流れを感知しやすく、サーチベイトとしても協力な武器になります。


(ロンジン レビンミニ  製品パッケージ裏面より引用)


キャストフィール


自重が12gと比較的軽く、またそこそこ体高、幅もあるフォルムなので、飛ばないかなとイメージしてしまいますが、実際キャストしてみると意外と気持ちよく飛んでくれます。


この軽めな割に意外と飛ぶというキャストフィールはレビンライトそっくり。


もしかしたらレビンライト同様、空力特性が良いルアーなのかもしれません。


ただ、同じ重量でこちらの方がボリュームが小さいので、やはり少し身が詰まった感がありますね。


総じて、ヘビーシンペンのようなかっ飛び感はありませんが、十分満足いく飛距離、キャストフィールだと思います。



アクションとレンジ


アクションはワイド目なスウィングスラローム系の動き。


このアクションの特性も、レビンよりもレビンライトに近いと言えます。


80mm以下クラスのシンペンは多数ありますが、それらの多くはスイング系オンリーのアクションなので、このレビンミニのアクションは比較的珍しいですね。


レンジはメーカー説明によると水面下最大40cmとされていますが、実釣で普通に使っている限り、水面下20cmくらいが常用レンジだと思います。


かなりスロー目にリトリーブしても浮き上がりは良いので、ラインが水に引かれるテンションだけで十分浮き上がってくれ、水面下の美味しいレンジを泳いでくれる、つまり、ドリフトが非常にやりやすい特性です。



どんなシーンで有効か?



小さなフォルムでスローに引けて、ドリフトも容易にこなし、ワイドなスラロームぽい動きが出せるというところがこのルアーの持ち味。


ボディがよく水を掴んでくれ、水中での踏ん張りが効くと同時に、流れを感知する能力も非常に長けており、ナイトゲームのスローな展開では抜群の操作性を誇るルアーだと思います。


その飛距離を活かして広い範囲をサーチするのにも適していますね。


フォルム、サイズ、アクション特性から、レビンミニ が一番活躍するのは春から夏にかけて、ベイトサイズが小さいシーズンのナイトゲームですが、バチパターンの時でも状況によってスイング系アクションが有効な場合も多々あるので、ワタクシはこの時期ダックルボックスに2本常備するようにしています。


見た目やカタログスペックは平凡な感じですが、キャラクター的に他に似たものがなくシンペンとしてはかなり優秀なルアー。


ナイトをやるなら一本持っていて決して損することはない、かなりオススメなルアーです。


特にオススメなのは#54のこのカラー。ナイトゲームでの汎用性が高いと思います。

目立つ膨張色系のこのカラーも良いですね〜。






0 件のコメント:

コメントを投稿