2017年11月16日木曜日

大混雑のいつもの浜、しつこくサヨリパターンでシーバスを狙ってみる

11月11日夕方、またまたいつもの浜に来てしまいました。


この日は小潮、15:17満潮、潮位135㎝から22:35干潮、潮位96㎝までの下げの潮を狙います。


この日は土曜日、きっと人は多いだろうと踏んで、はじめからウェーディングはあきらめ、ヒップウェーダーにライフジャケットの軽装で釣り場に向かいます。



混雑の予感



予想通り浜には先行者が。ウェーディングポイントにも既に立ちこんでいる人がいます。





仕方ないので先行者の方と距離を開けてオカッパリで狙うことにします。


暫く水面を観察していると、サヨリらしい波紋がぽつぽつ。


ベイトがサヨリなので、先発はいつものエイチベイトから。


このルアー、スローで泳がせると殆どノーアクションにも見え、一見探り始めには向いていないように思えますが、このおとなしい泳ぎがサヨリパターンの釣りにはベストマッチなのか、サヨリの群れの中からでもバイトを引き出してくれます。


暫くコレで探っていると、早速お隣さん(といっても、距離は50mくらい開けてますが)にヒット。


近づいてお声がけしてみると、なんと先日の釣行でメジャーを貸してくださった方でした。


ヒットルアーはアルバトロス。すでに60アップを一本あげられてたそうです。


ワタクシも何とか一匹釣りたいところですが、今一つ立ち位置目の前の状況は芳しくなく、少し流れが出たタイミングで2度ヒットがありましたが、いずれもバラシ。


食いが浅いのかアワセが下手なのか、うまく状況に合わせられず空回り感があります。


流れがない状況では、よほどサヨリが溜まっていない限り、魚がどちらを向いているかいまいちイメージがつかないので、やはり釣りづらいですね。


その間にもお隣さんは見ている限りでも4本ほどあげられたようです。イイですね~。


今日もやってきた?マイワシの群れ



ここでTwitterのフォロワー、まつりさんが遊びに来られましたので、しばし休憩。


時間の経過とともに流れも完全に消え、人はだいぶ増えてきたもののどうも海の様子は良くない雰囲気になってきたので、もう諦めて帰ろうかと思いましたが、やがて東の方に少し魚の波紋が見えてきました。


なかなか見分けるのは難しいですが、どうもこの波紋、サヨリではなくマイワシの群れっぽい。


海岸線に沿って移動してきたのでしょうか。


もしかしたらこの魚の群れに合わせてシーバスも移動してきたかもしれないと思い、ルアーをアーダ零イノベーターに変更。


このアーダ零、小ぶりサイズのシャローミノーですが、買ってからまだ一月も経っていないにも関わらず、イワシがベイトの時にはなぜかめっぽう強く、すでにコレで何本もシーバスをあげています。


岸よりブレイクのチョイ沖を、群れからはぐれた無防備な魚のようにゆっくりリトリーブしてくると、ここでやっとグググっと待望のアタリ。



予想通り、イワシの群れにシーバスはついていたようです。諦めずに釣りを続けててよかった〜。


上がってきたのは手尺で測って3つ分、60㎝前後の魚でした。



またまたサヨリパターンに挑戦



しかし、マイワシの群れは小規模だったのか後が続かず、その後ほどなくしてまた雰囲気がなくなってキマシタ。


いつのまにかワタクシの西側で釣りをされてた二人が帰って行かれてたので、まだサヨリについた魚がうろついているはずと予想して、少し場所を休ませてから再びサヨリパターンで魚を狙ってみることに。


かなり長時間にわたって複数人に叩かれていた場所なので、ヒットに持ち込むのは難しいかなとも思いましたが、しばらく観察していたのでおおよそボイルが出るであろう位置はわかっています。


 狙いはキャストで届くギリギリの位置ですが、数投目に見事狙い通りのいいポイントにエイチベイトが着水。


後ろで釣りを見られていたまつりさんに「今いいコースを通せてるんですよね〜」と話しながらスローリトリーブしていたところ、いきなりぐぐっとヒット!


シャローで掛けたのでそこそこ横走りしましたが、今日は1.2号と太めの糸。


危なげないやりとりで上がってきたのは、サヨリつきとしてはちょっと小ぶりの60㎝のシーバスでした。

ばばばばん!サヨリ付きにしては若干小さめですが、しっかり喰ってるのかお腹はポッコリ。
そこそこいい引きしてくれました。それより、サヨリパターンでのバイトは「がバッ」と出る場合も多いようで、興奮しますね~。

今回の釣りを振り返る



今日は前半戦にバラシが続いて苦戦して、最初の一匹を獲るまでにだいぶ時間がかかってしまいましたが、突如出現したイワシの群れに気づいて、攻め方を変えたことが功を奏したようです。


2匹目の魚は、早々にイワシつきの魚を見切ってサヨリパターンにシフトしたことで釣果に繋げられました。


 まだ先週に引き続き、いつもの浜では時折マイワシの群れが回っているようで、これに合わせてシーバスのヒットパターンも変わるようですね。


イワシつきだと比較的イージーに釣れるので、これはこれでありがたいことですが、その分、いつもの浜は例年に比べて釣り人の数が異様に多いです。


この日はウェーディングポイントだけでも12人と大混雑で、対岸やオカッパリも含めると総計25人以上が近辺で釣りをされていたようです。
 

これだけ混むとちょっとポイント選定も含めて釣りにくい状況があるのも確かで、ちょっと困りものですが、まだまだサヨリパターン向けだけでなく、マイワシパターン向けのルアーも常備しておいた方が良さそう。


残念ながら仕事の都合でしばらく釣りはお休みになってしまいますが、なんとかこの秋らしいベイトパターンで盛り上がっているうちに、また釣査にきてみたいと思います。


今日は粘って正解、いい釣りができました。


大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS FlexPerformance
リール:シマノ/エクスセンスLB C3000HGM
ライン:クレハ/シーガーR18完全シーバス #1.2
リーダー:DUEL/ハードコア パワーリーダー カーボナイロン6号





0 件のコメント:

コメントを投稿