2017年4月23日日曜日

快晴で気持ちよい日曜の午後、いつもの浜でちょこっとデイゲーム

4/23日曜日は、久しぶりに家族でいつもの浜に行ってきました。

非常にいい天気のためか、公営の駐車場は満車。暫く待ってようやく入ることができました。

浜辺につくと、バーベキューや家族連れの人たちのテントやタープでいっぱい。

まあ、これだけ天気がいいとお出かけしたくなるでしょうな。


今日は子供と散歩&凧揚げをするつもりでしたが、海を見ると血が騒ぐ!ということで、やはり釣り道具を準備してしまいました。



今日はワールドシャウラ2832-RS2と'13ExsenceLBSSの組み合わせ。


11:06干潮から、17:02満潮に向けての上げの潮の時間帯。

適度に風もあり、潮目も現れています。


魚の気配はむんむん。

雰囲気よさげでしたので、ついでだったはずですが、車に積んであったヒップウェーダーまで用意してしまいました。


こんな時はお手軽なラジアルソールのヒップウェーダーが最適。この手のモノなら、防水透湿性能もはっきり言って不要なので、あえて耐久性のみ重視したPVC製ノーブランドで充分だと思います。



海面がざわついており、いかにも釣れそうな雰囲気。

BC-26冷音と、飛距離の出るメタルルアーで沖の流れを探っていると・・・


どどーん、でました。引っ掛けて申し訳ない。

残念ながら、お約束のボラやんでした。


到着時にむんむん感じた魚の気配は、やはりボラやんの気配だったようです。


偏光グラスでよくよく覗いて見てみると、水の中には1年魚も2年魚も、それ以上のサイズも・・・まるでボラのパレードです。

リトリーブしているルアーに驚いて、岸に向かって猛ダッシュしてくる姿まではっきり見えます。これはものすごい数です。


それでもあきらめずに、浜辺を西に広く移動しながらキャストを繰り返しましたが、結局今日もボラやんのスレ掛かりばかりでした。


そんなに都合よく釣れたりしないよねと、諦めて東向きに帰る途中のシャローで、これまた夥しい数のハク(ボラ稚魚)の群れを発見。

写真ではよくわかりませんが、画像中ほどから少し上にかけて、茶色く帯状に濁っているように見えるのは、すべて小魚です。滅茶苦茶居ますね。

この写真ではちょっと散っていますが、同様にぼんやり濁ったように見えるところは小魚の群れです。


これだけエサがたくさんいるってのに、鈴木さんは一体どこにお出かけなんでしょうか。


しかしまあ、今日は天気も良く風も気持ちよかったので、ボーズだったけどよしとするか。

今週から潮回りが良さげなので、平日夜にナイトゲームで出直すことにします。




いつもの浜に日中出かけるときにはいつもコレ(の同等品)を持っていきます。折り畳み傘の要領で本当に15秒で設営できる超絶便利なサンシェード。以前はテント派でしたが、宿泊しないなら家族4人には広さも充分なのでここ数年はコレばかり。フルクローズできるため、夏場の海辺で水着の着替えにも非常に重宝します。価格はAmazon最安値なら3千円台~(4/23時点)


0 件のコメント:

コメントを投稿