2017年4月8日土曜日

ボラだらけの海!若潮下げいつもの浜調査

4月7日、金曜日の夜、またまた懲りずにいつもの浜にやってきました。

今日は若潮、満潮16:42、干潮23:11で、下げの潮を狙います。

雨が降っていますが、車の外気温表示では19.5°。暖かい雨で、期待できそうです。

しかし、ポイントに着くと、そこはボラだらけの海。


ボラだらけ


そこかしこに波紋が見えますが、多分すべてボラでしょう。ものすごい数です。

あまりのボラの多さに鳥も浅瀬にウェーディング?何度か水に頭を突っ込んでたようですが、魚を取り損ねてムカついたのか、「ギョェー」とすごい声を出して怒ってました。

一年魚(20㎝くらい)も多年魚も、うじゃうじゃいすぎてボラ絨毯状態です。


ちょっとこの状況は苦手ですが、諦めずに粘って釣ることにします。

信じて釣るしかありません。気分はこの曲、Don't Stop Believing(Journey)。しかし、この曲を聴くたびに、昔見たシャーリーズ・セロン主演の映画「モンスター」を思い出して悲しくなってしまいます。


イナッコパターンか?


多分この時期、シーバスがいるとしたらマイクロベイトやバチがメインだと想像していますが、過去には何度かボラの一年魚を食べているシーバスを釣ったこともあり、もちろんこれらのボラもエサとなっているはず。


そう考えて、いつものシンペンのローテーションに加え、ボラっぽい動きのルアーや、群れの中で目立つアクションのルアーも試してみるのがよかろうと、レスポンダー109Fボラコノ80Fスイッチヒッター105Fなども投げ倒しますが、ボラの群れが厚すぎていずれにもスレで引っかかってきます。


海中捜査でアミ発見


普段私は、よほどのことがない限りウェーディング中にライトは点けない主義ですが、あまりのボラの多さに釣りにならず、周りに人もいなかったことから、ちょっと点灯して浅場の水中を覗いてみます。


すると、何匹かの「アミ」を発見。


カメラで撮影を試みましたが、うまく撮れませんでした。

先日もちょっと離れたポイントで針に引っかかってきたことがありましたが、釣具屋さんで売られているシラサエビや湖産エビよりはだいぶ小さく、撒き餌用アミエビよりはちょっと大きい、ちょうど「大粒サシアミ」サイズのアミです。


今年になって初めて知りましたが、いつもの浜にはこんなのも居るのですね。


そういえば、例年小ぶりのクルクルバチが抜ける時期(5月以降)に、沖のブレイクに沿って大きなボラの群れが溜まるのを何度も目撃したことがあります。


きっと、バチが沸いて流れ着く先で、それを食するために群れているのだと思いますが、もしかしたら、今日のボラの群れはこの「アミ」を食している群れなのかもしれません。


砂の上で休憩中にお二人の釣り人がポイントにエントリされたので、私は川筋の方に釣り座を移してゲーム続行。マニック115で川筋沖合で何か来た!と思ったら、いつものボラやんでした。傷つけてごめんねと、丁重にお帰りいただきました。

結局その後もボラスレばかりで、今日はシーバスはむつかしいかなという感じでしたので、流れが緩んだころにおとなしく納竿としました。

見どころなしの釣れない釣行記ばかり続いてしまい、読んでくださる方には申し訳ない感じですが、これも釣行データの一つと思ってご容赦くださいまし。

【タックルデータ】

ロッド:Shimano/Exsence S900ML/RS Flex Performance
リール:Shimano/ '13ExsenceLBC3000HGM
ライン: よつあみ/G-SoulX8 UpgradePE#1.2
リーダー:Kureha/SEAGUR GRANDMAX 25Lb 




2 件のコメント:

  1. いつも楽しく拝読しております。
    私は武庫川をホームにしているルアーマンですが、
    1月下旬の爆釣を最後に、13回連続ボウズ、とまったくシーバスの顔を見ていません。
    どこ行っちゃったんでしょうね~お互いがんばりましょう!

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、
      コメントありがとうございます。13連続ですか!それはまたすごいですね(笑)
      かくいう私も、今現在で8連敗中。最近はシーバスの釣り方も忘れてきて「釣行記」というより「ルアー投げ日記」を書いている気分ですが、ヒットした瞬間が忘れられなくて、ついつい釣りに行ってしまうんですよね。
      次こそシーバスGETできるよう、お互い頑張りましょう。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

      削除