2018年1月30日火曜日

ルアーについて バイオクルーズ メタルスカウト14g のインプレ

今回ご紹介するのはBIOVEX(LoveSoulDream)のバイオクルーズ メタルスカウト14gです。

年々値段が高くなるソルトルアー界にあって、比較的お手頃な値段も魅力の一つ~。

結構前からちょくちょく使ってはいましたが、最近また補充したのを機に、ちょっとインプレでも書いてみます。




どんなルアー?


全長61mm、自重14gのメタルバイブレーションです。


ラインナップでは他に全長73mm、自重21gと26gのもあるようですが、ワタクシは使ったことがありません。


さて、どんなルアーなのか、メーカー説明文を引用してみましょう。

ソルトウォーター用鉄板バイブレーション
「より遠くへ、より強力なアピール力」でシーバス、ヒラスズキ、青物をターゲットにしたぶっ飛びメタルバイブレーション。
強力なローリングによるフラッシングと波動で広範囲にアピールし、広い海の中でフィッシュイーターに存在を知らせます。
スナップを付ける位置により、レンジと動きを変えることが可能。ハイピッチバイブレーションで浮き上がりにくいフロントアイ。
激しいバイブレーションでシャローエリア対応のリアアイ。

【メタルバイブレーションの使い方】
①ただ巻き
基本的な使い方はただ巻き。レンジや巻きスピードを状況により調節して、広範囲に探る!!基本的な使い方はただ巻き。
②リフト&フォール
リアクションバイト狙いにはリフト&フォールが有効!!
BIOVEX HPより引用)


ごくごく当たり前のような説明ですが、要はフツーのメタルバイブってことですね。


最近のルアーメーカーの説明は難解な蘊蓄が多いモノも多いですが、このくらいシンプルな説明の方が潔くてイイかも。


でも、これじゃあまりこのルアーの特徴は掴めないですね~(笑)


キャストフィール


キャストフィールはごくナチュラルで至って普通の投げ心地。

同クラスの鉄板バイブレーションと比べて、遜色ない飛距離が出て、特に飛距離面で不満を感じることもありません。


アクションとレンジ


このルアーの特徴は、前のラインアイで使った時の軽快な引き心地にあると思います。


前後二つのアイを持っていて、ハイスピードリトリーブには前のアイ、レスポンス重視の激しいバイブレーションには後ろのアイってのは、最近よくあるパターンですが、メタルスカウトは特に前アイを使った時の軽めの引き心地が絶妙で、14gというウェイトと相まってシャローでの釣りに非常に使いやすい操作感です。


前アイでも充分レスポンスは良く、激しすぎず適度な感じのバイブレーションがシャローでも使いやすい特性だと思います。


メタルバイブなのでレンジは使い方次第ですが、普通に早巻きで使って、邪道の冷音14gやクロスウォーターの爆岸VIBセガレ15gよりも上のレンジを引けるているようです。



このあたりもシャロー好きのワタクシにとっては非常にウレシイ特性。



どんなシーンで有効か?


まあ、至って普通の鉄板バイブレーションなので、同クラスのメタルバイブが活躍するシーンでは過不足なく活躍してくれますが、やはりイメージとしてはボトム狙いというよりも軽快な使用感で手返し良く上を引けるルアーという印象です。


そのような使い方で、これまでも結構このルアーで結構多くの釣果を得てきました。


ちょっと塗装が弱めですが、鉄板バイブレーションのほとんどは塗装が弱いので、これだけリーズナブルな価格設定で贅沢は言えませんね。


お値段お手頃でシャローにも適したアクション、使用感のこのルアー、メディアなどで見ることは殆どありませんが、かなり実力を備えたお値打ち品だと思います。


是非一度試してみてください。



これまで個人的に釣果を挙げてきた実績カラーがこの2色。対フィッシュイーターでは基本となるブルーバックと、濁りにも強いグリ金、チヌキビレにも効果的で、どちらも非常におススメです。


0 件のコメント:

コメントを投稿