2018年2月22日木曜日

ルアーについて シマノ エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C のインプレ

今回ご紹介するルアーは今年上半期のシマノ新作ルアーの目玉、スライドアサシン100S X AR-Cです。

個人的にはこのグリ金カラーがとてもお気に入りデス〜




どんなルアー?


全長100mm、自重23gのシンキングペンシルです。


フォルムだけ見ると、以前からある同社のカーディフウインドリップによく似ているような気がしますね。


このサイズ感、100mm前後のヘビーなシンキングペンシルは今や激戦区。


使ってみて、なんとなくですがアイマのヨイチ99ライトや、ジャンプライズのぶっ飛びくん95SSに使用感が似ていますね。


あと、使ったことないですが、ポジドライブのフラットフラッターなんかも、サイズやウェイト、使用感では案外近い部類じゃないでしょうか。


そんな中で、このルアーの立ち位置がどんなものか見ていきたいと思います。


まずは、どんなルアーなのか、メーカー説明文を引用してみましょう。

アピール力を高めるワイドアクションと貫通ワイヤーで幅の広い対応力。
アピール力にこだわった、ワイドなS字スラロームアクションと低速での立ち上がり性能をヘッドリップ構造で両立させる設計のスライドアサシンは、スイム姿勢もフォール時の姿勢もほぼ水平を狙って調整しており、シーバスだけでなくヒラスズキにもオススメなサーチベイトです。貫通ワイヤー構造を採用し、ST-56やSTX-58の#4といった太軸フックにも対応。AR-C重心移動システムによる安定した飛行性能も魅力です。
シマノHPより引用)



キャストフィール


いかにも飛びそうな重量感とサイズから期待させられる通り、キャストフィールは良好で飛距離も出るタイプです。


メーカー公表値では飛距離69m、まあ普段使いで不満の出る飛距離ではありません。


しかし、XAR-C機構搭載で23gも自重がある割には、あまり突出した飛距離とは言えないなぁというのが正直な感想。


例えばヨイチ99ライトなど、完全固定重心で同クラスの飛距離を叩き出してくれます。


空力などフォルムによるもんなんですかねぇ。


せっかくならもうひと押し、伸びのある飛びだったらいうことなしなのにと思いました。

 

アクションとレンジ


アクションはスラローム系で比較的ワイド。頭を支点にした尻振りというよりも、体全体で泳ぐS字系に近いものがあると思います。


着水後の立ち上がりも良く、重心移動のデメリットは感じさせません。


AR-C機構のバネがヨワヨワでアクションエラーが起きがちだったトライデント115Sとかと比べると、スライドアサシンのバネはもっとしっかり反力のあるタイプのようですな。


あまり使い込んでいないため、レンジは正直まだよくわかりませんが、腹面がフラット気味だからかウェイトの割に沈降速度は速くはなく、そこそこ浮き上がりも良さそうなので、このルアーのアクションに適したスピードでリトリーブしていると水面下20〜30cmのレンジを泳いでいそうです。



また、遊泳姿勢はシンペンにありがちな尻下がり感が少なくいいと思います。


まあ全体的にみて、オープンエリアのシャローで使いやすいレンジとアクションのようですね。


どんなシーンで有効か?


扱いやすい特性とサイズ、重量、そして程よいアピール力ある泳ぎから、汎用性は高く、小場所向けではないものの河川、サーフ、干潟、磯など色々なフィールドのシャローで活躍してくれるタイプだと思います。


ただ、あえて難癖つけるとしたら、ちょっとルアーとしての個性が感じられないかなぁというところが不満点。


先述の似たようなシンペン、例えば、ヨイチ99ライトぶっ飛び君ライトに対して、積極的にスライドアサシンを選ばなければならない理由ってなんだっけ?というちょっとした疑問が湧いてしまいます。


決して悪くはないのですが、シマノってたまにこういうイマイチはっきりしない立ち位置のルアーを作っちゃいますよね。優等生なんだけど面白みに欠けるという感じ。


あと気になってるのはこのルアーのカラーラインナップ。


どうみてもデイゲーム向け?と思えるようなカラーが多いような気がします。


シンペンって 、個人的な思い込みかもしれませんが、ナイトゲームでスローに使うイメージを持っているため、このカラーラインナップはイマイチしっくりきません(笑)


あまり速すぎるリトリーブスピードには向きませんが、そこそこ対応スピードレンジも広めのルアーであることは間違いないので、もしかしたらメーカーとしてもデイゲームでの使用をも想定しているのかもしれませんね。


まあ、難癖も書いてしまいましたが、ルアーとしての性能は間違いなく優秀。


まだ魚を釣っていませんが、泳ぎもイケてるっぽい。


今年はコイツを使って、これまで試してこなかったデイシンペンの釣りを開拓してやろうと妄想しています。





0 件のコメント:

コメントを投稿