2017年5月17日水曜日

細かいけれども必需品?スピニングリールの宿命と戦うアイテム!

皆さんはスピニングリール派でしょうか?それともベイトリール派でしょうか?

ワタクシはもちろんスピニング派。

昔はAbuも多数使っていましたが、ここ10年以上、実釣では使っていません。


さてこのスピニングリールを使っていて、昔から大いに不満なのが「糸ヨレ」!


構造上、キャストやリトリーブを繰り返す釣りでは、どうしてもラインによれが溜まってしまうのはスピニングリールの宿命といえます。(あ、クローズドフェイスリールもか。)




ワタクシにとってこの糸ヨレ、根掛かりとボラのスレ掛かりに次いで嫌いなことワースト3に入るくらい大っ嫌い!


ということで、普段はまめにラインローラーの清掃をしたり、リーダーの先に必ずパワースイベル(ヨリ戻し)をつけるようにしたりと、涙ぐましい努力を日々行っています。


リーダーの先にはできるだけ重量の軽いパワースイベルを結んで、それにスナップをつけるという方式を15年以上続けています。ルアーのアクションが損なわれるとか、釣果に影響するとか、いろいろ言われますが、糸ヨレが軽減してくれるならそんなことは一切お構いなし。そのくらい、糸ヨレは大嫌いです。


しかし、ナイロンライン時代ならこの努力も報われていた感がありますが、時代はPEライン全盛の世の中。


軽いルアーを遠くに投げて、何度も何度もリトリーブするシーバスルアーでは、やはり徐々に、そして確実に糸ヨレは溜まってきます。


さらにこれが、引き抵抗の軽いシンペンを多用するワタクシの釣りでは致命的。


4本組ライン、特に、シマノのパワープロのように、摩耗に伴って平麺化するようなタイプのPEラインでは、目で見ても明らかにわかるくらい、クルクルとよれてしまっています。


巻き終えたルアーが勝手にクルクル回転するようでは、もう致命的。


これくらい糸ヨレが溜まってくると、明らかにキャスト時の飛距離も落ちてしまいます。


そんな糸ヨレを何とかできないものか?と悩んでいたある日、釣具店でコレに出会いました。


ウォーターランドの「ヨリトレール」です!

ヨリトレール、見た目はシンプルですが効果絶大!


このヨリトレールをラインの先に結んで(スナップ取付も可)、3回ほどフルキャストしてリールを巻き巻きしてくると、あら不思議、溜まっていた糸ヨレが解消するではありませんか。


仕組みは簡単、ヨリトレール本体に刻まれた溝が、ヨリトレールを左回転させることで、スピニングリールのリトリーブで発生する右回転方向のヨレを打ち消してくれるという次第です。


実際にここ2年ほど使ってみましたが、効果は目で見てもわかるくらい充分満足いくもので、キャストフィールなど体感的な効果もてきめん!


最近は釣り場にコレを忘れると不安になるくらい、重宝しています。


非常にニッチなチマチマしたアイテムですが、特にヨレが多く発生しやすい小型スピニングリールをお使いの方にはマストアイテムではないでしょうか。


私も最近お気に入りのコンパクトリール、BB-XハイパーフォースC2000DHGを使うときは、必ず毎日コレをキャストしています。


ウォーターランドのヨリトレール、価格も数百円と手ごろなので、是非一度、お手に取ってみてください。


きっと、スピニングリールでの釣りが、今までよりはるかに快適になるはずです。



サイズは複数ありますが、各サイズ値段はそう変わらないので、シーバスからライトソルトまで幅広く使える7.5gがお勧めです。


2 件のコメント:

  1. お久しぶりです。
    いや~、私も糸ヨレが気になって気になって・・・。

    デイゲームでバイブを投げまくっていると、徐々に疲れてきてキャストが無茶苦茶になり、バイブがクルクル回転して・・。

    コレはぜひ、使わせて頂きます!!

    返信削除
    返信
    1. むぎわらさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
      確かに、デイのバイブみたいに、キャスト回数増える場合もヨレって大いに増えちゃいますよね。
      私もこの前の釣行で、いろんなルアーを投げまくってたせいか、糸ヨレのため久々に大ライントラブルが発生して、PEライン50メートルくらい切っちゃいました(涙)
      お財布にもイタイので、今度からヨリトレールまめに投げようと思ってます・・・

      削除