2017年5月3日水曜日

短時間でリミットメイク!?いつもの浜小潮苦手の上げ潮調査でシーバス連発

5/2、他の方のブログやTwitterを見ていると、無性に釣りに行きたくなってきました。

しかし今日は小潮、おまけに行けそうな夕方から夜の時間帯は苦手の上げ潮です。

干潮は17:57、潮位32㎝~満潮は翌02:37、潮位125㎝、うーん、微妙。

しかし意を決して、やはりいつもの浜に来てしまいました。



上げの夕マヅメに実釣開始


19時前から釣りを始めますが、いつものウェーディングポイントには親子連れの釣り人の姿が。

どうやらうす暗くなってきても、お子さんが粘っているようです。ほほえましい光景です。


というわけで、今日はいつも釣りするポイントよりも東側にエントリします。




ボラのモジリがそこそこ見えていて、ぴちゃぴちゃ跳ねる姿も見えます。

暫く流れが出なさそうでしたので、まだ薄明るいうちはうろうろして地形調査をします。

それにしても、今日は潮位が異様に低い。本当に上げ潮に入ったのでしょうか?


そうこうしているうちに、やがて流れが効き始めました。


今日も風があって水面がざわついているので、ルアーは邪道のエンヴィ125MAXをチョイス。


先日インプレ記事を書いたエンヴィ105と同様、このルアーも水面引き波系ルアーの中では比較的流れがある状況が得意で、さらにアクションにはロールのほかスラロームも加わって蛇行した引き波が出せるため、海面がざわついた今の状況では良いアピールになるだろうと想像しての選択です。


とかなんとか言いながら、結局ボラやんが釣れちゃうんだろうなと思いながらキャストしていると、やはり1匹目はちいさめのボラやんでした。


それにめげずにエンヴィをキャストし続けると、暫くしてボラやんとは違うアタリ!シーバスです。ちいさいけどヤッタ!

しかしこいつは、取り込み後、浅場にずりあげて写真撮影中に勝手に逃走してしまいました。まだ写真撮ってないのに気の早いヤツだ。


逃げられてしまいましたが、気を取り直して再びキャスト開始。

すると、10分ほどしてまたキマシタ。


ばばん!サイズは50㎝いきませんが、体高があって元気な魚でした。

釣れたのはまだうっすら明りが残る19時ごろ。日が長い。夏が近づいていますね。


この魚をリリースしてから、風が強まり流れの筋もはっきり見えるようになりましたが、アタリは遠のいてしまいました。


ふと気が付くと、先ほどの親子連れはすでに帰られたようで、別の釣り人が先端ポイントに入られています。さすがGW、人の出入りが激しいですね。



3匹目がなかなか釣れない


普段のおひとり様ウェーディングでは、若干暗い海は苦手(実はコワい)であまり深くは立ちこまないのですが、近距離に釣り人がいるという安心感と、もう一匹釣れるだろうという期待感から、今日は気合を入れて?普段より深く立ちこみます。


水面付近から下のレンジまで、いろいろルアーローテーションをしますが、3匹目がなかなか釣れません。


そのため、ちょっと狙いを変えて、立ち位置より下流側の西方向を探ることにしました。


こんな時私は、基本的にルアーを通すコースを、下流側から上流側にずらしながら釣りをします。


渓流魚狙いで沢を釣りあがって行くのと同じ考え方で、魚は常に上流方向に頭を向けているため、何度も撃つことで無駄にルアーやラインを魚に見せず、警戒心を与えないようにするためです。


私より下流の西側にいる釣り人に邪魔にならない範囲で、下流から順に徐々に上流に、キャストしては流すを繰り返していると、ようやくキマシタ!


ばばばばん!ようやくキマシタ。時すでに20時過ぎ。先ほど釣ってから1時間以上経ってしまいました。
サイズは先ほどと同じくらいですが、粘って釣った一匹はうれしい!
ヒットルアーはこれもエンヴィ125MAXです。


これで本日もハットトリック達成できました。うれしい!



潮の動きを読むのはむつかしい?


その後ほどなくして、20時半ごろ流れが停滞しました。

次の流れが出るまで粘ればまだまだ釣れるかもしれませんが、今日はすでに自主規制の3匹に達したし、まあ満足、これでいいかと納竿、帰途につくことにしました。


今日は珍しく2時間程度の短時間でリミットメイク。
帰るころはまだ対岸の明かりが煌々と点いていました。


今日は非常に潮位が低く、また普段苦手意識がある上げの潮、さらに潮位変動が遅い小潮と、あまり良くなさそうな条件ぞろいでしたが、いつもの浜では東から西に流れるメリハリあるよい流れが出ていて、時折はっきりした流れの筋を確認することもでき、意外といい釣りをすることができました。


この場所には長年通っていますが、いまだにいつ、どんなタイミングで、どういう流れが出るか、さっぱり予想がつきません。


やはり自然相手の遊び、むつかしいものですね。しかしそのむつかしさ故に、楽しいのかもしれません。


今日もいい釣りができました。大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】

ロッド:シマノ/エクスセンスS900ML/RS Flex Performance
リール:シマノ/’13エクスセンスLB C3000HGM
ライン:よつあみ/Rapala/Rapinova-XX for Seabass#1.0


【ヒットルアー】

今日はすべてのシーバスがこのカラーで食ってきました。

2 件のコメント:

  1. ウマンチョ2017年5月3日 22:07

    ハットトリックですか…。
    凄すぎです!

    昨日、キビレの餌釣りしてました、先日の初シーバスのおっさんです(笑)

    とんぷくさんって有名ブロガーさんだったんですね!一昨日知りました(^_^;)

    西宮ケーソンにこの時期だけの小物狙いに行きましたがさっぱりで、余った虫餌でキビレを狙ってみましたが乗せきれず⤵
    寒さに耐えかねてお先に失礼しておりました。

    来週はまたシーバス狙いで出撃したいと思います。
    それではまた!

    返信削除
    返信
    1. ウマンチョさん、
      コメントありがとうございます。もちろん、覚えてますよ。いいシーバスでしたね。

      >とんぷくさんって有名ブロガーさんだったんですね!
      私は今初めて知りました。多分そんなことは無いと思います(笑)

      それはそうと、あの浜、虫エサでも結構いろいろ釣れて楽しいですよ。
      シーズン的にはもうちょっと暖かくなってからでしょうが、たまに私も、簡易テントもって、おき竿でブッコミ釣りしたりします。
      昨年は子供の見ている前で大物が掛かって、2.5号ハリスをブチ切られてしまったこともありました。

      またシーバス釣りの方もどうぞ楽しんでください。またでかいの釣れるといいですね。私も負けずに頑張ります。デカいの釣りたい!

      削除