2018年3月20日火曜日

小型バイブレーションの真打ち登場!ルアーについて シマノ エクスセンス サルベージソリッド60ES のインプレ 

今回ご紹介するのは2018年のシマノ新製品、サルベージソリッド60ES。


個人的には今年のシマノ最大の目玉商品だと思っています。


昨年、サルベージソリッドの70サイズが登場した直後にTwitterで「60mm12gサイズが出たら絶対買う」と申してましたが、偶然にも今年、予想した通りのスペックで登場してくれました。


というわけで、公約通り?早速3個まとめ買いして、早速使ってみました。

とりあえず3つ買いましたが、今後もっと買うと思いマス~





どんなルアー?



全長60mm、自重12gの小型バイブレーションです。


本家サルベージの60ESと比較すると、ウェイトなどは同じですがより肉薄ボディで、身が詰まった感がありますね。


どんなルアーなのか、メーカー説明を引用してみましょう

ロングキャストした先やディープエリアでも低速リトリーブからしっかり立ち上げるために、あえて流行のメタルプレートではなく、薄肉樹脂ボディを選択。金属よりも軽い比重の素材を選択する事で運動性能を高め、わずかな入力でもボディを振らせる立ち上がりの良さを求めました。
ラインアイやウェイトバランスはキャスタビリティを高めるべく、1mm単位で調整を重ね、ロングキャストした先でのフック絡みを防ぐ目的で、キールヘッドデザインを採用しました。

シマノHP、サルベージソリッド70/85ESの説明文より引用)



キャストフィール



前述の通り小粒で身が詰まった感のあるボディから予想される通り、キャストフィールはかなり良いです。


メーカー公表スペックでは飛距離57mとされており、これは意外にも無印サルベージ60ESの55mとわずか2m違いの数値ですが、体感上は無印よりももっと良く飛んでいるように感じます。


もしかしたら、薄肉化されたことで空気抵抗が減ったことがそう感じさせるのかなと思いますが、実際風のある状況なんかでは、飛距離の差はより多く出るのは?と推測します。


個人的にはこのサイズ、ウェイトのバイブレーションとしては、文句のつけようがないキャストフィール、飛距離だと感じました。


使うロッドを選ばずに、投げやすくて誰でも気持ちよく飛ばせるルアーだと思います。


キャスト時の感想として付け加えると、実釣時にはフック絡みによるエビが皆無で、コレも非常に好印象でした。



アクションとレンジ



使ってみてまず印象付けられたのが抜群の立ち上がりの良さ。


着水後のリトリーブ開始直後から、タイムラグなくブルブルと小気味よい振動が手元に伝わってきます。


かなりスローなリトリーブでも確実にアクションしてくれ、一方かなりファストなリトリーブでも横に倒れたり水面に飛び出したりせず確実にアクションしてくれる安定感があります。


アクションの質は、鉄板などに比べると角が取れた感じでいて、かつ無印サルベージのようなABSバイブに比べるとキビキビ感のあるまさに絶妙な動きで、さらに引き重りも少ないことから非常に扱いやすいと思います。


レンジはバイブレーションなので、使い方次第でいかようにでも変わりますが、ワタクシが個人的に普段使っているPE1号+20ポンドリーダーの組み合わせで、いつもの浜のようなシャロー(水深数十センチ~最大2m程度)でも必要以上にボトムコンタクトすることなく、ちょうど良い使用感でした。


低速からアクションが起動するレスポンスの良さと相まって、シャローの釣りでも非常に使いやすい特性、バランスだと思います。



どんなシーンで有効か?



小粒で飛距離が出て、低速から安定したアクションをしてくれて、シャローエリアでもボトムを擦り過ぎない絶妙なウェイト、バランス・・・と、サルベージソリッド60ESには個人的に欲しかった性能はすべて具備されています。


小粒なサイズとキビキビ安定したアクションは、夏場の高速引きでのリアクションでの釣りにもマッチしますし、レスポンスの良さを活かして厳寒期のボトム攻めやリフト&フォールの釣り、もちろんナイトゲームにも遺憾なく威力を発揮してくれるでしょう。


沈降速度も適度なので、流れの中をフワフワ漂わせるような使い方もバッチリこなせます。


要は、適用範囲がかなり幅広いルアーだといえそうです。

激浅シャローでのナイトゲームにも使えそうってことで、早速ダブルフック仕様も作ってみました。


ワタクシはシャローの釣りしかしないので、どうしてもそちら方面からのインプレに偏りがちですが、個人的にはあらゆる方向から見て申し分ない、素晴らしい使用感のルアーだと思いました。


大概のルアーは、正直「ココがもっとこうだったら・・・」と、実際に使ってみてあれこれ不満を感じることが多いのですが、このサルベージソリッド60ESに関してはひさびさに100点満点をあげたい、そのくらい惚れ込んでしまいました。


個人的には今後このジャンルの主力ルアーになること間違いなしで、おそらくこれまであれこれガマンしながら使っていた鉄板バイブレーション類も、順次コレにリプレースしていくでしょうね。


もはや持っていないことが罪(←大げさか?)というくらい素晴らしい出来の傑作バイブレーション、是非騙されたと思って一つ買ってみてください。


かならず2個目以降も欲しくなりますので(笑)



個人的に大のお気に入りカラーがコレ。いかにも釣れそう~。

ナイトゲームに良さげだなぁと、コレも買いました。

デイゲーム、カラーに迷ったら海のフィッシュイーター向けでは基本となるのがこのブルーバック系。好みのカラーじゃないけど実際釣れるカラーですよね~。

次に欲しいカラーがコレ。曇天やナイトゲームで良さげかな~。

いかにもナチュラルなフラッシングが期待できそうなレンズボラも定番ですな~。

2 件のコメント:

  1. こんばんは
    はじめまして、りょう@淀川鱸です。
    いつもブログ拝見させて頂いてます。

    小型バイブいいですよね。自分はレンジバイブの55のタングステンが
    お気に入りです。55mmで14g、良く飛びよくバイブします。
    最近はバイブを多用してテッパンを使わなくなりました。
    テッパンはエビゾリの確率高いですし、すぐに錆びが湧いてきますよね。
    なんか年中バイブ投げてます(笑)

    返信削除
    返信
    1. りょうさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
      実はワタクシりょうさんのブログの大ファンで、かなり昔から拝読しておりました!
      いつも素晴らしい釣果でホント羨ましいです!

      さて、小型バイブですが、仰る通りレンジバイブ55のTGもホントに素晴らしいルアーですよね〜。
      お値段高めなのでコレまでご縁なかったのですが、つい最近中古で入手して使ってみたら、飛びもアクションも使い勝手も抜群、なんでもっと早く買わなかったのかと後悔するくらい気に入りました。
      ワタクシもなんだかんだ言って、結局年中バイブ投げてるような気がします(笑)

      ブログ更新楽しみにしております。また今後ともどうぞよろしくお願いいたします〜。

      削除