2018年3月8日木曜日

大潮のいつもの浜では春の大キビレ祭が開催中?

3/3(土)、またまたいつもの浜に来てしまいました。


この日は大潮3日目、13:50干潮、潮位45cmから19:52満潮、潮位148cm、そこから翌日2:16に干潮、潮位4cmという潮回りです。


潮位の高い上げを狙おうと、夕方に現地入りしますが、開始前に今日もまたまた駐車場でEijiさんに出会います。


お先に準備を済ませてウェーディングポイントに着いてみると、水はよく動いている様子で、いい流れがでています。



前日に比べて暖かいので、いかにも釣れそうな雰囲気。



上げの潮ではキビレだらけ



まずはチヌキビレでも狙って明るいうちにボウズ逃れをしておこうと、先発は邪道の冷音14gから。


遠投してボトムトレースしながら、ショートピッチジャークで広く探ります。


するとほどなくしてアタリ。


ゴンゴンと竿を叩くようなこのヒキは間違いなくキビレです。




上がってきたのはまあまあサイズのキビレ。


やはりこの時期になるとメタルバイブに好反応ですね〜。


わざわざ陸に上がるのもめんどくさいので、ネットでキャッチして即リリース。


再び同じように攻めてみると、またまたガツンと良いアタリ。



またしても同サイズのキビレ。即リリース。


メタルバイブではキビレが反応しすぎるかなと、アーマードバイブにチェンジしてみますが、このルアーでもやはりキビレが食ってきます。



暗くなるまでに、あっという間に3匹釣れてしまいました。


普段ワタクシ、あまり釣果の数に興味がないのと、なんとなく狭い浜辺でたくさん魚を釣るのは乱獲のようであまり気持ちも良くない(次来た時に釣れなくなる気がする)ので、3匹釣ったら釣りをやめてしまうのですが、今日はあくまで狙いはシーバス。


おまけに、前日試してみて効果があった?バチシーズンにおけるバイブレーションの釣りの効果を試してみたくて、どうしてもシーバスが釣りたかったので、そのまま釣りを続けます。


しかしこの日は異様にキビレの活性が高かったのか、釣っても釣ってもキビレばかり。


結局、満潮までの間だけで10匹ほどのキビレを釣ってしまいました。


途中で2度だけ、明らかにシーバスとわかるファイトの魚を掛けましたが、両方とも水面でのエラ洗いでフックオフしてしまいました。

 
しかし、ヒットするということは、シーバスもチャンスはありそうですね〜。


フォロワーさんたちとのご対面の後、下げ潮をねらう



満潮潮止まり付近、もうすでにキビレとのファイトで腕もパンパン気味で、浜辺で休んでいると、Twitterでお世話になっているジャークの牙さんがいらっしゃいました。


牙さん、現場でお目にかかるのは初めて。しばし浜辺で談笑させていただいた後、ワタクシは再び下げの潮を狙ってウェーディングに戻ります。


しばらく浸かって釣をしていると後ろから声が。


振向くと、デイさんとEijiさんがいらしてました。


お二人としばし談笑しながら、サンドバーの上に立ってマニックを投げてみましたが、しばらくしてやはりバイブレーションを試してみたくなって、沖に出てアーマードバイブを投げます。


なぜか下げに入ってからはキビレのアタリも少なくなってきた(辺り一面釣り過ぎたかな?)ので、集中してアーマードバイブをボトム付近で漂わせるようにアクションさせます。


すると、ぐぐっとキビレっぽくないアタリ!


ヤッタ!シーバスだ!とファイトしますが、残念、またしても水面に浮かせたところでエラ洗いにてフックオフ。


今日のロッドはExsenceのTunedAR-C。ティップが柔らかく食い込みも良いはずの竿ですが、やはり小型の10番サイズトリプルフック一本のみのバイブレーションでは、どうしてもファイト中のバラシを避けることはできません。


結局、下げの潮も3時間近く粘りましたが、キビレを数匹追加して、シーバスらしきバラシが2回あったきりでした。




普段数匹釣ったら満足して帰ってしまうので、一晩でコレだけ多くの魚を釣ることは珍しいのですが、それにしても今日はキビレの活性が高かった。


オカッパリでされていた皆さんも各々いいサイズのチヌキビレをキャッチされていたようです。


まさにキビレ祭といった様相ですが、もしかしたら昼間にこんなものを食べたせいかもしれません(笑)



残念ながらシーバスをキャッチすることはできませんでしたが、バラシは何度かあったので、意外とこのバチ・マイクロシーズンに、小型バイブレーションを使った釣りは効果あるのだと思います。


課題はヒット後のキャッチ率が低いことと、いかにもバチパターンの釣りで釣れそうな中、積極的にこの釣り方に切り替えられるかということですかね。


キャッチ率向上のためには、テールフックのシングルフック化なども効果あるかもしれませんので、今度覚えてたら試してみようと思います。


バチシーズンのバイブレーションの釣り、まだまだ研究の余地がありそうですな。





疲れましたがいい釣りができました。大自然よ、今日もありがとう。



【タックルデータ】


ロッド:シマノ Exsence S902ML/AR-C TunedAR-C
リール:シマノ '16 Exsence LB C3000MXG


ライン:クレハ シーガーR18完全シーバス ステルスグレー#1.0




リーダー:DUEL ハードコアパワーリーダーCN#5


ヒットルアー:DUEL アーマードバイブ55




0 件のコメント:

コメントを投稿