2018年5月18日金曜日

ガマンできない雨の日曜日、いつもの浜短時間釣行!

前日の釣り大会から開けた5/13(日)、残念ながらこの日は朝から激しい雨。


自宅で用事を済ませたり、家族の買い物に付き合ったりしてましたが、今週末は何かと慌ただしく過ぎてしまったので、どうも釣り欲が満たされてない。


夕方を過ぎる頃、どうしてもガマンしきれなくなって、ついついまた出撃してしまいました。


この日は激しい雨の中なので短時間勝負覚悟、持参ルアーも最小限にして防水バッグのみの簡易装備でオカッパリをするつもりです。







雰囲気は良さげ


現地に着くと運よく雨が小降りに。雨つぶが小さく、対岸のライトに照らされた水面の様子がよくわかります。


シャローの様子を伺っていると、岸寄りには明らかにイナッコの群れが。


さらに目を凝らして沖を見ると、水面をにょろにょろと引き波を立てて泳ぐバチの姿が見えました。


いつものウェーディングポイントでは3月以降見てませんが、オカッパリポイントの方では結構長いバチも抜けてるんですね〜。


浜の東寄りでは結構長いバチが抜ける目撃情報も良く聞くので、東寄りの方がいいのかも知れません。

ベイトがはっきりしないときはEnvy?


西側ではおそらくイナッコの群れを襲っていると思われるボイル音まで聞こえてきましたが、今日は短時間勝負、ボイルに惑わされていてはいけないと、その場でキャスト開始。


バチかマイクロか、どっちが正解かわからない状況ではめっぽう強い(と思い込んでる)邪道のエンヴィー105のコットンキャンディーからスタート。



沖に出ている緩い流れに乗せてドリフト気味に流して探ると、早速アタリ!


キャッチはできませんでしたが、魚は確実に居ます。


さらにキャストして流していると、軽くボシュっと水柱があがってヒット!






小さいですが、シーバスです。


やはり沖の流れの中でバチを食ってるんでしょうか。



翌朝のフライトが気になって長時間は釣りできないので、これで充分なのですが、もうちょっと大きいのが釣りたいと、すこし場所移動。


もう少し遠投が効くようにと、マニック115にチェンジしてより沖合いから数回流して探ってみますが、これには反応なしだったので、再度エンヴィーに戻して流したところ、再度水柱が。



 またまたサイズはイマイチですが、先ほどの魚よりちょっと大きいかな。


この魚を釣った直後に再び雨足が強まってきたので、ストップフィッシングとしました。



短時間ながら楽しめた



豊中から西宮までの移動も含めて2時間チョイと、実釣1時間ちょっとの間の釣りでしたが、ちょうど釣る時間帯は雨も弱まりバチの姿も見えたので、今日はどうやらいいタイミングでいい場所に入れたようですね。


サイズが出なかったのは残念ですが、週末の心残り感を払拭するには充分と言えるくらい、楽しむことができました。


今日は夕暮れ時の満潮にかけて岸近くに集結したイナッコについたシーバスの群れがそのままシャローに留まってくれていたようなイメージで、バチとハクの混成パターンといった雰囲気でしたが、雨のせいで人も少なくとても釣りやすかったです。


また次週も釣査に来ようと思います。


大自然よ、今日もありがとう。


【タックルデータ】
ロッド:シマノ Exsence Infinity S906ML/RF


リール:シマノ '16 Exsence LB C3000MXG
ライン:#シマノ ピットブル12#1

リーダー:サンライン ベーシックFC#5

0 件のコメント:

コメントを投稿