2018年5月29日火曜日

難攻不落のハクパターンを攻略せよ!中潮初日のいつもの浜デイ&ナイトゲーム

5/26(土)、夕方にまたまたいつもの浜に来てしまいました。


先週の釣行ではナイトゲームではよく釣れましたが、実は気になっていたのが暗くなる前の夕方の時合い。


暗くなる前の時間帯にハクの群れが岸近くに寄ってきて、姿こそ見えないものの魚の雰囲気はプンプン。どうやらシーバスがその群れに着いて捕食しているようなのです。


この日は17:36満潮、潮位126cmから23:11干潮、潮位83cmという潮汐。

気になる時間帯を攻めたいので、早めにエントリーして状況を観察します。



先週とはほぼ真反対のタイドですが、果たして夕方の時合いは今日も訪れるのでしょうか?
 



やはり今日もキタ!


浸かり初めて数十分、日暮れ近くになると東側からだんだんと水面がざわざわしてきました。


やはり今日もこの時間帯にハクの群れが岸近くを移動しているようです。


昼間のハクは比較的小規模な群れで、あちこち散らばっているような印象なのですが、なぜか夕暮れ時にハクは纏まって結構大規模な群れになって移動します。


この現象、そういうもんだと言われればそれまでですが、ホントに不思議ですね〜。


しかも、いつもその方向は決まって東から西。


甲子園浜でも何度か同じようなシーンを目撃していますが、あそこでも必ず東から西なんです。


この群れを追っかけて行ったら、もしかしたら西の果てに夜間ハクが溜まる秘密のポイントに辿り着けるかもしれません。


小型バイブで狙ってみる



それはさておき、目の前のハクの群れを追ったシーバスが付近に必ず隠れているはず。


その魚を狙って、まだ明るい為リアクション狙いで小型バイブをあれこれローテーションして広く探ります。


上から順番にレンジバイブ 55ES、サルベージソリッド60ES、アーマードバイブ55、レンジバイブ 55TGと広く各層探りますが、1回それらしいヒットを掛けバラしたのみ。


次第に薄暗くなってきた中、散々バイブを投げまくった後なので少しナチュラルアピール寄りのバイブを投げてみようと、サルベージ60ESに付け替えて探ります。



南方向から順に探っていって、最後に探った東向きでリトリーブの緩急をつけたところでぐぐっと手応え。


バレやすい小型バイブでのヒットなのでかなりドキドキしましたが、無事ネットイン成功。



サイズは大したことありませんでしたが、綺麗な銀ピカの魚でした。



その後のナイトはバチ遊泳を目撃するも不発



完全に真っ暗になってからは、水面にひょろひょろと引き波を立てて泳ぐバチの姿が見え始めました。


頭が黄色でボディが赤色ですが、いつもこの場所で見る、小魚のように泳ぎ回るクルクルバチではなく、明らかに倍以上の長さがあります。


クルクルとはまた別の種類のバチだと思いますが、コレは初めて見ました。


数は少ないですが、とりあえず間近で複数匹目撃しました。


当然、表層引き波系のカッター90やEnvy105で探ってみましたが、コレは不発。



ここでもしかしたらシーバスはバチよりもハクを意識してるかもと、スラローム系のレビンミニでもしばらく探ってみましたが、コレも不発。


いい流れは出ていたのですが、魚の群れが移動したのかウデが悪いのか、はたまた攻め方がズレてたのか、結局ボラばかり連発して、その後はシーバスらしいアタリは得られませんでした。


Twitterの釣り仲間の皆さんも浜にいらしてましたが、この日はどうも全体的に渋かったようですね。


ワタクシもキリのいいところで納竿としました。


次回に期待


今日はナイトゲームの方は不発に終わってしまいましたが、まだ明るいうちのデイゲームではなんとか1本獲ることができました。


ハク着きの魚、個人的には爆釣する時とノーフィッシュの時と両極端でかなり釣果にムラがあり、最近はちょっと苦手意識が出てきました。


釣れる時はホントにイージーに釣れるんですけどね〜。


さらにボイルしているような状況だと、毎度思い通りに食わせられなくてイライラしてしまいます。


しかし、今日は夕方のハクの大移動と魚の動きがリンクしていることが確認できただけでも収穫ありです。


再現性持って魚が出せるか、また次回以降もチャレンジしてみたいと思います。


いい釣りができました。大自然よ、今日もありがとう。
【タックルデータ】
ロッド:シマノ Exsence Infinity S906ML/RF


リール:シマノ '16 Exsence LB C3000MXG
ライン:#シマノ ピットブル8#1
リーダー:サンライン ベーシックFC#5

0 件のコメント:

コメントを投稿