2018年4月14日土曜日

ルアーについて ダイワ モアザン スイッチヒッター85S-LV のインプレ

いつの間にかひっそりと?発売されていたスイッチヒッターのライトバージョン、85S-LV。


レイジー110S-LVの時もそうでしたが、正直パッとみても違いが分からないから、釣具店で見かけてもスルーしちゃうんですよね〜。

ノーマルのスイッチヒッター85Sは4本持っているので、これまで一度も同シリーズで買ったことがないクリア系カラーを買ってみました。赤目がLVの証?


きっとこのルアーも発売から相当日付が経過していて、ワタクシが気づかなかっただけだと思いますが、ようやく先日入手しましたので、そのインプレを書いてみようと思います。





どんなルアー?


メーカー説明によると、全長85mm、自重13.3g、スローシンキングタイプのシンペンで、飛距離は平均54.9m、アクションはスラローム&スライドアクション、潜航レンジは約5㎝~約50㎝とのことです。


サイズやフォルムはノーマルタイプの85Sと全く同じで区別がつきませんが、ノーマルと外観上区別するためか目玉が赤色タイプになっています。


意識してませんでしたが、もしかしたらレイジー110SのLVも赤目だったのかな?


13.3gという自重は65Sよりも0.1g軽く、シンペンとしては体積のわりに軽め。よって、スローシンキングになっているのでしょう。


どんなルアーなのか、パッケージ裏面の説明文から引用してみましょう。

「干潟やリバーゲーム等のシャローーエリアにおいてデイ&ナイトを選ばず、誰でも飛距離が出て扱いやすい、立ち上がりが早く着水した瞬間からバイトチャンスがある」をコンセプトに開発されたのがスローシンキングペンシル『スイッチヒッター85S-LV』です。
ノーマルの85Sに比べ波長の大きいスラロームアクションは、昼夜問わず広範囲にアピール。スローシンキング設定なのでリバーゲームや干潟等のシャローエリアをスローに攻略できる。アクションは、絶妙な流れの変化でスライドやフラつきを起こし「食わせの間」をルアーが自動的に演出し、ハイプレッシャー下でもバイトを誘発。操作方法は、昼夜に関係なくスローのタダ巻きでOK。プレッシャーが高い激戦区のフィールドでは、ダウンクロスではなく、アップストリームで流されてくる小魚がシーバスの斜め前に現れるようなイメージでトレースさせるのがコツです。ぜひ「漁港、湾奥、都市型河川、河口、干潟、ピンチな時」など、様々なフィールドで『スイッチヒッター85S-LV』をお試しください。

スイッチヒッター85S-LV 製品パッケージ裏面より引用)

ダイワのルアーは結構HPやカタログなどに情報が少なく、パッケージ裏面の解説が一番詳しいようですね。これじゃ手に取ってみるまでどんなルアーかわかりませんな。



キャストフィール



結論から言うとキャストフィールは微妙。


まあ、サイズやウエイトなりに飛ぶといえば飛びますが、正直言ってノーマルの85Sのキャストフィールや飛距離には遠く及ばず、全く別物と考えた方が良いでしょう。


多少風があるタイミングで試投したせいかもしれませんが、何投かに1回、ボディがくるくる回転してしまうことがありました。


それでも普通に飛んだ時とあまり飛距離に差が出ないのが不思議なのですが(笑)


ただ、キャストがバッチリ決まった時はかなり飛距離は出ましたので、どうも飛びにムラがあるタイプなのかもしれませんね~。


ちなみに、重心移動機構はなく固定重心です。


アクションとレンジ



アクションはノーマルの85Sとは大きく変わって、S字系スラロームアクションです。


S字といっても、ポジドライブガレージのジグザグベイトのようにはっきりしたターンをするというよりも、ゆったりとしたピッチと軌道のワイドなS字と形容するのが正しいような気がします。


ウエイトが軽い分、沈下スピードは確かに遅め。さらに、リトリーブすると浮き上がってくるため、ノーマル85Sに比べてシャロー攻略は格段にやりやすいと思います。


普通にウェーディングで使っていると、スロー目のリトリーブでもレンジは水面直下から20〜30cmあたりでしょうか。


ただこのルアー、リトリーブスピードが速すぎるとアクションが破綻して水面に飛び出してしまいます。


明らかに対応スピードレンジの幅はジグザグベイトの方が広いですね~。
 

どちらかというと、スイッチヒッター85S-LVは、スローなリトリーブでワイドなS字を発生させるような使い方に特化したルアーじゃないかと思います。



どんなシーンで有効か?



まだあまり流れのある状況下で使っていないため、流れに対してどれほど耐性があるか不明ですが、上記のような性格のルアーなので、メインの活躍場所はやはりナイトゲームでの河川、干潟などシャローの釣りになるのかなとおもいます。


なんとなくベイトの種類がはっきりしない場合や、アミパターンなどで活躍してくれそうなイメージがありますが、個人的にS字系のルアーって大の苦手でいまひとつ使いこなせておらず、正直なところこのルアーがどんな種類のベイトにマッチするのかよくわかりません。


これまで買ったS字系のルアーのほとんどが、タンスの肥やしならぬルアーケースの肥やしとなって、いつかハマるシーンが訪れるはず!という期待感から常備しているものの、結局投げることなく一日の釣りを終えてしまうことが多いので、こいつもそんな風にならなければよいですが・・・


まあ、まともなインプレが書けるよう、しばらく使ってみようと思います。


S字系ファンの人は、是非手にしてみてください。



個人的にイチオシカラーはコレ。理由?ありません(笑)

なんとなくナイトゲーム向けルアーのように思えますので、ついこういうカラーを選んじゃいますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿