2018年4月25日水曜日

装備品について 雨の釣りでは非常に有効!パズデザイン リストシーム ZAC-854 のインプレ

これからのシーズン、徐々に増えてくるのが雨の日の釣り。


雨といえば、防水透湿ウェアが必須の装備ですが、特にルアー釣りに関していえば、もう一つ是非とも持っておきたいアイテムがあります。


それはレインカフス

今回ご紹介するのはパズデザインのレインカフス、リストシームZAC-854です。





防水透湿ウェアでも、頻繁にキャストやリトリーブを繰り返すルアーフィッシングでは、ウェアの袖口が上を向くことも多く、数時間も釣りをするとかなりの確率で袖口から雨水が侵入してしまいます。


少しでも水が染み込むと、防水ウェア内に着たインナーが毛細管現象でどんどん水を吸い上げ、大抵は上腕部全体がしっとり濡れでかなり不快な思いをすることが多いです。


これを防いでくれるのがレインカフスです。





一般的なレインカフスは、主にストレッチ性のある筒状のクロロプレン素材でできており、ウェアの袖口から手首にかけて密閉して覆うことで、袖口からの水の侵入をブロックします。


これに対して、今回ご紹介するパズデザインのリストシームは、ベルト状になったクロロプレンを袖口に巻きつけてベルクロ止めすることで水の侵入をブロックする一風変わった作りのアイテム。

こんな感じの作り。パズデザインのラベル部分がベルクロテープになっています。


先日大雨の中、早速コレを装着して実釣してみましたが、装着が手軽なわりに機能性はなかなか本格的で、一般的なレインカフス同様の防水性を発揮し、袖口からの水の侵入がなく快適でした。


水中に落としてしまったルアーを拾う場合など、水中に腕を突っ込まざるを得ないシーンでも活躍してくれそうですね。


装着は簡単、ウェアの袖口を巻き込んで、手首にピッタリ沿うようにリストシームを巻きつけ、ベルクロ留めするだけ。

実際に装着してみたらこんな感じです。


使わないときは、ロッドベルト代わりにもなってくれます。


地味だけど意外とあるとないとは大違い。雨の中で釣りするなら、ぜひ一度試してみられてはいかがでしょうか?








0 件のコメント:

コメントを投稿