2018年4月3日火曜日

オッサン達の最高の休日!いつもの浜でTwitterメンバーで釣り大会!

3月31日(土)、今日はTwitterで出逢ったアングラーさんたちといつもの浜で釣り大会です。


参加されるアングラーさん(アイウエオ順)は、いわぺぺさん、Eijiさん、おまつさん、コロオジさん、ジャークの牙さん、ズキヤンさん、デイさん、ドレミさん、にっちゃんさん、パフさん、まつりさん(観戦のみ)、ワタクシとなんと総勢12名!


なんとにっちゃんさんは、遠路はるばる名古屋からお越しくださいました!


特に時間も決めずテキトーに集合ですが、順次みなさん現地入りされるとのことで、ワタクシは午後3時過ぎに現地到着。


この日は大潮、12:55干潮、潮位40cmから、19:02満潮、潮位145cmというタイドで、上げで潮の動いている時間帯ではマイクロベイト付きの魚が、下げの時間帯にはもしかしたらバチパターンの魚が狙えるかな?と期待させられる潮汐です。





とりあえずスタート!



とりあえず何人かで並んでいつものウェーディングポイントにエントリー。


昨夜の北風のせいか若干クリア気味の水質ですが、周辺では所々でボラやんが跳ねていて、春らしい生命感は充分。

少し風が強くてやりづらかったですが、幸い気持ちいい晴天に恵まれマシタ。


まだ日が高いことと、時期的にも魚はマイクロベイトを意識しているだろうと考え、最近お気に入りの小型バイブレーション、シマノエクスセンス サルベージソリッド60ESからスタート。

サルベージソリッド60ES。まだ発売されて間もないですが、既にワタクシにとってはシャロー攻略に欠かせない一軍ルアーのひとつになってます。


目の前には結構な規模のボラの群れが居るようで、何匹か連続でボラやんをスレがかりで釣ってしまいました。周りの皆さんもボラにやられているようです。


しかしボラやんの群れの下にシーバスはいるはずと、しつこく深いレンジを攻め続けていると、明らかにボラスレとは違うあたりが。


少し弱々しい引きで上がってきたのは、若干体がボロボロのキビレさん。

お腹はぺちゃんこ、ヒレはボロボロ、目も死んでる気の毒なお魚。釣ってしまってごめんなさい。


釣れたのは嬉しいのですが、弱って痛々しい感じなので、海上で写真撮影して早々に海にお帰りいただきました。


実は前日3/30夜にも、大会プラのつもりで釣りにきていましたが、北風があまりに強過ぎてまともに釣りできず、結局バイブレーションの釣りをしてキビレばかり5匹という結果でした。

前日のプラではすごい強風のためバイブレーション一択の釣りになってしまい、お約束のキビレ祭り。最大で45㎝近くの大物が来てくれマシタ。


キビレさんも釣れたらそれはそれで嬉しいのですが、たまに浜辺で死んでる姿を見かける(なぜかシーバスはほとんど死んでるのを見かけないですが)ので、コレが釣られたことによる影響じゃなかろうかとどうも心配になってしまいます。



雰囲気は悪くないのだが



その後も一人、また一人と参加予定の方が到着します。


そのたびに釣りを中断して雑談タイムに。


お互いTwitter上でしか知らない、もしくはほとんどナイトゲームの時にしか会わない間柄なので、明るいうちに会える機会なんてそうそうありません。まあそうなりますわな(笑)


そうこうしているうちに、夕マズメのいい時間帯に。


予想通り風が強めでやりにくいですが、前日に比べれば気温、水温とも若干高く、流れもそこそこ出ていて、状況はとても良いように思えます。


しかしなぜか掛かってくるのはボラやんばかりで、本命シーバスらしきアタリがありません。


まわりの皆さんも釣れてない様子。雰囲気はイイんですけど、どうも食いが渋い様子。



しつこく粘ってやっと出た!



確か昨年もこの時期、何週間もシーバスが釣れず彷徨いましたが、今年も同じなのでしょうか?


もしかしたらこの時期、ボラ、バチやアミやマイクロベイトなどいろいろな種類のベイトが混在するため、そのどれかをシーバスが偏食していて、そのベイトに合わない攻め方だと見向きもされないのかもしれません。


それでも時は夕マズメの上げどまり間近、シーバスが居ればかならず食ってくる時間帯のハズ。


途中ミノーやヘビーシンペンなども試しますが、この風と流れがある中で確実にボラの群れの下を通して探れるよう、少しウェイトと引き抵抗があるレンジバイブ55TGに付け替え、沖のブレイク付近を丁寧に、しつこく探ります。

レンジバイブ55TG。小粒の割に重量がありますが、レスポンスが非常によく適度な引き抵抗で強風や急流下でも水中で踏ん張りが効き、個人的には数あるバイブの中でもベストクラスだと思っています。サルベージソリッド60ESより細かいピッチ、高周波な動きが特徴ですね。ただ高すぎるお値段が唯一の欠点。


すると南向き、少し深めをリフト&フォールしているときに、ぐぐぐっと手応え!


エラ洗いはしませんが明らかにボラスレとも違うヒキで、上がってくるまで正体がわかりませんでしたが、寄せてきて目の前数メートルで反転した姿は紛れもなくシーバス!


最後にシーバスを釣ったのが3週間前とあまりにも久しぶりなので慌ててしまい、魚体確認後一度取り込みをミスりましたが、2度目にようやく無事ネットイン。

ばばばばばばばばん!ヤリマシタ!ありがとう!
ランディング時にルアーで怪我させちゃってスミマセン。


メジャーで計測すると鈴木さんサイズには2,3ミリ足りませんが、それでもひさびさなのでコイツはウレシイ!ヤッタ!


喜びのあまりリリース前に動画も撮ってしまいました。




思ったより食いの渋い日でした



その後は場所を変えてオカッパリポイントへ移動してみたり、他の方の場所移動にあわせてまたウェーディングポイントへ移動してみたりと、いろいろ場所を変えながら、表層引き波系のルアーから、ミノー、シンペン、バイブレーションといろいろなルアーを投げて当たりパターンを探りますが、キビレらしい魚をバラした以外に特に成果はありませんでした。


その間に、ウェーディングポイントでデイさんがヨイチ99ライトでシーバス、ドレミさんは移動先の湾最奥部でR32でシーバス、これまたウェーディングポイントでおまつさんがバリッドでキビレをGETされていましたが、やはり明らかに今日は全体的に魚の食いの渋い日だったようで、状況的には最高といえるくらい素晴らしい流れが出ていたにもかかわらず、本命のアタリは非常に少なかったようです。


せっかく皆さんで集まれたいい機会だったのに、どうやらタイミングが悪かったようでそれがチョット残念でした。


その後9時前くらいまで釣りをした後、皆で移動してヨットハーバーのそばにあるアクア・サウスコーストで食事タイム。


当然みなさん帰路は車なのでお酒は頼みませんが、呑んでなくてもシラフじゃない?おっさんどうしなので大いに盛り上がり、非常に楽しいひと時でした。


ご参加された皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした~。


次はもうちょっと魚の釣れるタイミングでまた集まりたいですなぁ。




【タックルデータ】
ロッド:シマノ Exsence Infinity S906ML/RF



リール:シマノ '16 Exsence LB C3000MXG

ライン:#シマノ ピットブル12#1


リーダー:DUEL TBカーボンショックリーダー#5


ヒットルアー:バスデイ レンジバイブ55TG



0 件のコメント:

コメントを投稿